【生産性編】iPad Pro向けの超オススメなiPadアプリをご紹介します!9.7インチiPad Proを買ったばかりという方は要チェック!

iPadとiPhoneの両方のユーザーである方はかなり多いと思いますが、それぞれインストールして使っているアプリはちょっと異なるというユーザーも少なくないはずです。今日は大画面なiPad Proシリーズを活かした5つの生産性を向上させるiOSアプリをご紹介します!またここでご紹介するアプリはApple Pencil不要なものばかり!

ipad-pro-apps

Ulysses

Ulyssesは「デスクトップクラスの執筆・テキストアプリ」とAppStoreで謳われており、今回iCloud対応によりiPadやiPhone間でのプロジェクトの同期が取れるようになりました。

iPad ProでサポートされているSplit ViewやSlide Overも加わったことで、執筆中に下でご紹介するTweetbot 4でツイートのリアルタイムフィードをフォローしたり、ブラウザーで調べ物を行うことができます。加えて、Markdown記法をよく使うユーザーには朗報、Ulyssesはフルで対応しています。

値段は3,000円と少し値が張りますが、一度の購入でiPhoneとiPadの両プラットフォームでダウンロードできますので、その価値は十分ありそうです。
ipad-pro-ulysses

Tweetbot 4

Twitterユーザーの熱狂的なファンを抱えるTweetbotですが、バージョンも4まで進化し、公式Twitterアプリにはない機能などがふんだんに提供されています。

今回のTweetbot 4の新機能では、iPad Proで提供されているSlide OverとSplit Viewに最適化されており、利用可能なスクリーンスペースに応じて、表示されるリスト一覧などの内容を選択できます。例えば、Activityパネルでは、アナリティクスやリツイート、いいね、またはリストをチョイスすることが可能です。

tweetbot-4-ipad-pro

また大きな特徴の一つとして、Wi-Fi接続時に自分のタイムラインをリアルタイムで追う機能も追加されており、今まさに起こっている出来事を見逃すことがなくなります。Tweetbot 4ですが、1,200円で販売されており、公式Tweeterアプリでは物足りないかも!という方には最適なチョイスと言えそうです。

2Do

仕事術の一つであるGTD(Getting Things Done)を実践していたりすると、iOSで提供されているデフォルトのメモやリマインダー、また他のアプリを使っているユーザーも多いと思いますが、2Doは自分のプロジェクトやアイデア、また目標などをまとめておくのに最適な場所を提供するアプリです。

Tweetbot 4と同様、2DoはiPad ProのSplit ViewやSlide Viewに最適化されており、アイデアをまとめている間に調べ物をしたり、iMessageで友達とチャットしたり、といったことも。

関連記事:  次世代iPadにRetina iMacが発表!?10月16日に次のアップルのプレス向けイベントが開催予定!

2do-ipad-pro

価格は1,800円でユニバーサルアプリとなっており、iPadの他にiPhoneで利用が可能です。

GarageBand

Appleの純正アプリであるGarageBandですが、Split ViewやSlide Viewなどには非対応なものの、Live Loopsはエレクトロニックミュージックなどの制作で活躍する新しい方法となっています。

ipad-pro-garageband

GarageBandですが、iPhoneやiPad miniでも動作しますが、やはり画面の大きなiPad Proシリーズでの利用がベストです。GarageBandはiOSが動作するデバイスをお持ちの方であれば無料でダウンロード可能です。この際に是非試してみては?

GarageBand
GarageBand
Price: Free
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot
  • GarageBand Screenshot

Ferrite Recording Studio

ちょっとした録音などは純正アプリであるボイスメモなどを使う方も多いと思いますが、ポッドキャストや少し凝った録音を行いたいときは、このFerrite Recording Studioアプリがとても役に立ちます。録音からミックス、編集と、ポッドキャスターには最適な、最初から最後までを一括で行うことができる機能が提供されています。

SlideOverやSplit Viewにも対応しており、録音中にSafariを起動して用語を確認したり、ノートを確認したり、といった作業が可能です。

加えて、Lightning対応のマイクを活用することで、ライブバンドやポッドキャスト向けにより高音質な音源を録画することができます。

ipad-pro-ferritte

Ferrite Recording Studioは無料で提供されており、複数のトラックや長時間の録画、またFXやオートメーションの機能はアプリ内課金で購入可能です。

いかがでしたか?皆さんのオススメなiPadアプリなどあれば是非ツイートしてください!

関連記事:  Apple、iOS 9.3.2のアップデートを再公開。9.7インチiPad Pro向け文鎮化の不具合を修正済みとのこと!

発信元:9to5Mac

関連お勧めiPad向けアプリ

[ios-ipad-apps][/ios-ipad-apps]

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

Apple、新しい9.7インチiPadを発表!価格は4万円を切り、iPad Air 2がリタイヤに... 先ほどAppleが9.7インチのiPadを発表しました!今までのiPad Air 2が廃止となり、今回iPad Proシリーズとは異なるラインアップでの発表となっています。カラーバリエーションは3色で、Wi-FiモデルとWi-Fi + セルラーモデル、各々に32GBまたは128GBの容量サイズが用意...
新型10.5インチiPad Pro、12.9インチモデルの解像度でiPad mini 4と同等のピク... 新しく加わるとされる新型10.5インチiPad Proですが、今回12.9インチの解像度である2,732 x 2,048ピクセルに加えて、ピクセル密度が326 ppiになる可能性が浮上してきました!果たして、既存のiPad向けにデザインされたiOSアプリがそのまま利用可能になるのでしょうか?...
新型10インチiPad Proはハイエンド向け、A10Xチップ搭載で画面サイズは10〜10.5インチ... 今年に予定されている新型iPad Proですが、新しく追加されるハイエンド向けと言われるモデルは画面サイズが10インチから10.5インチの間で最新A10Xチップセットを搭載するようです。気になる発表時期は?...
iPad Proラインアップに新しく10.5インチモデルが追加か?曲面ディスプレイをメインとした劇的... Apple Pencilの登場により、より直感的に、よりクリエイティブな操作を実現しているiPad Proシリーズですが、情報筋によれば2017年に新しく10.5インチのiPad Proが加わり、新たにAMOLEDである有機ELディスプレイが搭載されるとのことです!iPadにて曲面ディスプレイがいよ...
Google DocsがiPad ProのSplit Viewに対応!マルチタスクに作業ができること... ビジネスシーンやプライベートでも、Googleの提供するGoogle Docsで書類やスプレッドシートを作業したり、仲間やクライアントと共有する機会が多いかと思いますが、今回iOS向けアプリのアップデートにより、iPad Proでサポートされているマルチタスクである、Split Viewに対応しまし...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で