Xbox Play Anywhere、いよいよ9月13日よりスタートか?!どちらかで買ったゲームをどちらでもプレイできちゃう!

先日のE3にてMicrosoftが発表した「Xbox Play Anywhere」。Xbox OneかWindows 10のどちらかでゲームソフトを購入すれば、クロスプラットフォームでのプレイを可能とするサービス、このローンチ日が9月13日に確定したようです!既に米国ではXbox One Sの発売が開始されたこともあり、Microsoftのゲーム環境はますます充実?!

xbox-play-anywhere

この機能を利用するに際して、Windows 10 Anniversaryアップデートをパソコン側で行うこと、またXbox One側で今夏に予定されているアップデートを行うことで利用できるとのこと。また、XboxストアにてPlay Anywhere対応のタイトルには専用のアイコンが表示されるようになるようです。

現時点で分かっているXbox Play Anywhereに対応予定のタイトルは下記の通り!

  • Gears of War 4
  • Forza Horizon 3
  • ReCore
  • Sea of Thieves
  • Halo Wars 2
  • Scalebound
  • Killer Instinct Season 3
  • State of Decay 2
  • Ark: Survival Evolved
  • Cuphead
  • We Happy Few
  • Crackdown 3

コンソール側でも、先日のE3にてXbox One Sを発表し、現行機種と比較して40%小型化で歴代で最小、4K Ultra HD対応、また最大2TBのストレージ容量といった内容でありながら、価格帯は299ドル(日本円で約3万円)と、とてもリーズナブルな内容になっています。

日本を含むアジア地域の発売ですが、2016年年内になる模様。

xbox-one-s

外出中などでもWindows 10のタブレットから友達とゲームの中でチャットしたり、ステータスを随時チェックしたりと、よりゲーム三昧な日々を送ることになりそうです。

関連記事:  iOS 9からiOS 8.4.1へダウングレードするためには?今ならまだ間に合います!

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

世界規模で感染しているランサムウェア「WannaCry」、被害は150カ国にも及んでいるとの事!... 5月12日に発見されて以降、世界中で脅威を振るうランサムウェアの「WannaCry」、ヨーロッパの機関によると既に約150カ国に被害が及び、約1万の会社・組織や20万人以上のユーザーが感染しているという事です!...
話題のランサムウェア「WannaCry」、MicrosoftがWindows XP向けに異例のパッチ... 世界中で猛威を振るっている今回のランサムウェア「WannaCry」ですが、今回マイクロソフトが既に2014年4月にサポートが終了しているWindows XP向けに異例のパッチを公開しています!サイバーセキュリティのAvastの報告によれば、今回のランサムウェアの被害は全世界に及び、99ヶ国にて7万5...
世界規模でランサムウェアの被害が拡大中!Windowsユーザーは今すぐWindows Updateの... サイバーセキュリティのAvastの報告によれば、今回のランサムウェアの被害は全世界に及び、99ヶ国にて7万5千以上の被害が出ているようです。主な被害エリアとしては、ロシア、ウクライナ、台湾、そしてヨーロッパが標的となっているようです!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で