新型10.5インチiPad Pro、12.9インチモデルの解像度でiPad mini 4と同等のピクセル密度か?

新しく加わるとされる新型10.5インチiPad Proですが、今回12.9インチの解像度である2,732 x 2,048ピクセルに加えて、ピクセル密度が326 ppiになる可能性が浮上してきました!果たして、既存のiPad向けにデザインされたiOSアプリがそのまま利用可能になるのでしょうか?

ipadpro105-800x551

12.9インチモデルのディスプレイサイズが確定された背景が鍵に?

Studio NeatのデザイナーであるDan Provost氏ですが、今回Mediumにて、新型iPad Proモデルに関する見解を寄せています。彼が指摘するのは、2015年にローンチした12.9インチiPad Proの登場の際、AppleのマーケティングチーフであるPhil Schiller氏が説明した内容として、12.9インチのiPad Proは既存の9.7インチモデルを縦にした時に収まるようになり、よって9.7インチiPad向けにデザインされたiOSアプリを2つ並べて表示することができる、ということでした。

1*iQgf4wf-j6nJpHRz9NixfQ

Provost氏は、このロジックをiPad miniに当てはめたところ、10.5インチというサイズはiPad miniモデルを縦に当てはめた際に大きさがピッタリ一致しており、加えて12.9インチモデルと同じ解像度である 2732 x 2048ピクセル、かつiPad mini 4やiPhone 6/6s/7モデルのピクセル密度と同じ326 ppi(9.7インチ/12.9インチiPad Proで採用されているのは264 ppi)になるのでは、と結論付けています。

別な情報筋でも10インチ台の新型iPad Proの登場が予想されており、KGI証券のMing-Chi Kuo氏によれば、レンジとしては10インチ〜10.5インチの間になるのでは、としています。

新型iPhone 8では、縁なし・ベゼルフリーなディスプレイの搭載が噂されている中、新型10.5インチiPad Proのディスプレイの縁もかなり薄くなりそうな予感です。

発信元:MacRumors

[ios-ipad-apps][/ios-ipad-apps]

関連お勧め記事

次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズの量産がいよいよ開始へ!OLEDパネルの供給が難航し... いよいよ発表まであとわずかとなった次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズですが、9月の販売開始に向けて3つのモデルとも量産体制に入ったとのことです!iPhone 8で採用される予定のOLEDパネルの供給が難航しているとも言われており、販売当日はかなり台数が限定されるとも。...
Apple、拡張現実であるAR搭載メガネのプロトタイプを開発中?スナップ動画が撮影可能なSpecta... 次期モデルであるiPhone 8の発表が近づくにつれ、様々なリーク情報などが飛び交うApple界隈ですが、今回はAR・拡張現実をサポートするメガネのプロトタイプを手がけているという情報で盛り上がっています!機能的なイメージとしては、Snapchatが発売中のスナップ動画が撮影できるサングラスSpec...
次期iPhone 8のTouch ID、今度は側面の電源ボタンへ移行?... 次期iPhone 8の発表まであと数ヶ月といったところですが、ここにきてiPhone 8のレンダリングがケース製造メーカーからリーク、現行モデルとは異なる大きな電源ボタンやロックボタン、縦に並んだデュアルカメラレンズ、そして長く噂されていた背面パネルからTouch IDが消えています!...
次期iPhone 8と思われるデバイスのリーク写真が公開に!前面パネルはボタンが一切ない液晶ディスプ... 今年の9月に発売が予定されている次期iPhone 8ですが、発表のタイミングが近づくにつれ色々とリーク情報などが溢れていますが、今回次期モデルと思われる前面及び背面のリーク写真が公開されました!ホームボタンが排除された前面パネルは一面液晶パネルで期待が高まります!...
次期iPhone 8に加え、iPhone 7s/7s Plusの金型写真がリーク!... 今年の秋に発売が予定されている新型iPhoneシリーズのiPhone 8、並びにiPhone 7s/7s Plusですが、今回3つのモデルの金型と思われる写真がリークし、各々の大きさなどがより詳細に比較できるようになっています!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で