新型10.5インチiPad Pro、12.9インチモデルの解像度でiPad mini 4と同等のピクセル密度か?

新しく加わるとされる新型10.5インチiPad Proですが、今回12.9インチの解像度である2,732 x 2,048ピクセルに加えて、ピクセル密度が326 ppiになる可能性が浮上してきました!果たして、既存のiPad向けにデザインされたiOSアプリがそのまま利用可能になるのでしょうか?

ipadpro105-800x551

12.9インチモデルのディスプレイサイズが確定された背景が鍵に?

Studio NeatのデザイナーであるDan Provost氏ですが、今回Mediumにて、新型iPad Proモデルに関する見解を寄せています。彼が指摘するのは、2015年にローンチした12.9インチiPad Proの登場の際、AppleのマーケティングチーフであるPhil Schiller氏が説明した内容として、12.9インチのiPad Proは既存の9.7インチモデルを縦にした時に収まるようになり、よって9.7インチiPad向けにデザインされたiOSアプリを2つ並べて表示することができる、ということでした。

1*iQgf4wf-j6nJpHRz9NixfQ

Provost氏は、このロジックをiPad miniに当てはめたところ、10.5インチというサイズはiPad miniモデルを縦に当てはめた際に大きさがピッタリ一致しており、加えて12.9インチモデルと同じ解像度である 2732 x 2048ピクセル、かつiPad mini 4やiPhone 6/6s/7モデルのピクセル密度と同じ326 ppi(9.7インチ/12.9インチiPad Proで採用されているのは264 ppi)になるのでは、と結論付けています。

別な情報筋でも10インチ台の新型iPad Proの登場が予想されており、KGI証券のMing-Chi Kuo氏によれば、レンジとしては10インチ〜10.5インチの間になるのでは、としています。

新型iPhone 8では、縁なし・ベゼルフリーなディスプレイの搭載が噂されている中、新型10.5インチiPad Proのディスプレイの縁もかなり薄くなりそうな予感です。

発信元:MacRumors





関連お勧め記事

新型iPhone 8のスクリーン密度は521PPI、ピクセルも2436 x 1125と大幅にアップグ... KGI証券アナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、新型iPhone 8のディスプレイの下部がバーチャルファンクション領域となり、物理的なホームボタンなどが廃止される予定ですが、加えてスクリーン密度も521PPT、また2436 x 1125ピクセルと大幅なアップグレードが予想されています!...
Apple AirPodsのファームウェアがひそかにアップデート?!気になる変更点は?... 去年12月13日に発売が開始されたAppleのワイヤレスヘッドフォンであるAirPods。今でも約6週間待ちという状態の大人気ぶりですが、今回AirPodsのファームウェアがひっそりとアップデートが提供されているようです。アップデートの方法や確認の仕方は?...
新型iPhone 8のコンセプトイメージが公開に!ステンレスボディと両面ガラスがとってもセクシー... 今年の後半に発表が予定されている期待の新型iPhone 8ですが、既存のアルミニウムベースの筐体を廃止し、両面ガラスとステンレススチールのボディを基調とした、iPhone 4モデルを彷彿とさせる新しいボディーを計画しているとされています。今回デザイナーが起したコンセプトモデル「iPhone X」は見...
新型10.5インチiPad Proのデビューは今年の夏までお預けか?IPSディスプレイ搭載モデルとも... 新型10.5インチiPad Proの噂が続々と登場していますが、ここにきて発表となるタイミングは今年の第二四半期以降になる可能性が浮上しています。今回ラインアップが一新されるとするiPad Proシリーズですが、今後の動向が気になります!...
次期iPhone 8はIP68等級、防水に関しては大幅にアップグレードか?... 今年発表されるとする次期iPhone 8ですが、現行モデルのiPhone 7の防水機能が大幅に向上し、IP68等級になるとのこと!IP67等級のiPhone 7やiPhone 7 Plus以上の防水機能で、今まで以上に活用シーンが増えそうですね!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で