新型10.5インチiPad Pro、12.9インチモデルの解像度でiPad mini 4と同等のピクセル密度か?

新しく加わるとされる新型10.5インチiPad Proですが、今回12.9インチの解像度である2,732 x 2,048ピクセルに加えて、ピクセル密度が326 ppiになる可能性が浮上してきました!果たして、既存のiPad向けにデザインされたiOSアプリがそのまま利用可能になるのでしょうか?

ipadpro105-800x551

12.9インチモデルのディスプレイサイズが確定された背景が鍵に?

Studio NeatのデザイナーであるDan Provost氏ですが、今回Mediumにて、新型iPad Proモデルに関する見解を寄せています。彼が指摘するのは、2015年にローンチした12.9インチiPad Proの登場の際、AppleのマーケティングチーフであるPhil Schiller氏が説明した内容として、12.9インチのiPad Proは既存の9.7インチモデルを縦にした時に収まるようになり、よって9.7インチiPad向けにデザインされたiOSアプリを2つ並べて表示することができる、ということでした。

1*iQgf4wf-j6nJpHRz9NixfQ

Provost氏は、このロジックをiPad miniに当てはめたところ、10.5インチというサイズはiPad miniモデルを縦に当てはめた際に大きさがピッタリ一致しており、加えて12.9インチモデルと同じ解像度である 2732 x 2048ピクセル、かつiPad mini 4やiPhone 6/6s/7モデルのピクセル密度と同じ326 ppi(9.7インチ/12.9インチiPad Proで採用されているのは264 ppi)になるのでは、と結論付けています。

別な情報筋でも10インチ台の新型iPad Proの登場が予想されており、KGI証券のMing-Chi Kuo氏によれば、レンジとしては10インチ〜10.5インチの間になるのでは、としています。

新型iPhone 8では、縁なし・ベゼルフリーなディスプレイの搭載が噂されている中、新型10.5インチiPad Proのディスプレイの縁もかなり薄くなりそうな予感です。

発信元:MacRumors

[ios-ipad-apps][/ios-ipad-apps]

関連お勧め記事

Apple、新しい9.7インチiPadを発表!価格は4万円を切り、iPad Air 2がリタイヤに... 先ほどAppleが9.7インチのiPadを発表しました!今までのiPad Air 2が廃止となり、今回iPad Proシリーズとは異なるラインアップでの発表となっています。カラーバリエーションは3色で、Wi-FiモデルとWi-Fi + セルラーモデル、各々に32GBまたは128GBの容量サイズが用意...
Apple、iPhone 7 (PRODUCT)RED™ Special Editionをリリース!... メンテナンス状態となっていたApple Storeオンラインですが、先ほどiPhone 7 (PRODUCT)RED™ Special Editionバージョンが発表になりました!ビビッドなレッドは持っているだけで注目を浴びそうですね。...
AppleCare+の購入可能な期間を1年間まで延長するようです!... 今年の新型iPhone 8は一新されたデザインが話題となっており、心待ちにしているユーザーも多い中、AppleがAppleCare+ for iPhoneの購入可能な期間を60日(米国)から1年間に延長するとのこと!日本での対応も気になりますね。...
新型iPhone 8のスクリーン密度は521PPI、ピクセルも2436 x 1125と大幅にアップグ... KGI証券アナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、新型iPhone 8のディスプレイの下部がバーチャルファンクション領域となり、物理的なホームボタンなどが廃止される予定ですが、加えてスクリーン密度も521PPT、また2436 x 1125ピクセルと大幅なアップグレードが予想されています!...
Apple AirPodsのファームウェアがひそかにアップデート?!気になる変更点は?... 去年12月13日に発売が開始されたAppleのワイヤレスヘッドフォンであるAirPods。今でも約6週間待ちという状態の大人気ぶりですが、今回AirPodsのファームウェアがひっそりとアップデートが提供されているようです。アップデートの方法や確認の仕方は?...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で