「nuro モバイル」、新たなオプションとして「5分かけ放題」や「5時間プラン」、誰とでも分け合える「パケットギフト」などを追加!

ソニーネットワークコミュニケーションズが今回新しく「nuro モバイル」に関する発表会を開催し、既存のプランに2月1日より新しく加わる強化されたサービス内容を発表しました。「5分かけ放題」や、容量プランとはちょっと異なる「5時間プラン」、さらには誰とでもシェアできる「パケットギフト」などをスタートです!

IMG_6181

元々はSo-netで展開していたMVNOのビジネスでしたが、2016年10月に「nuro モバイル」にブランドを統一し、1GB刻みで自由に選べるプランを提供したり、デジモノステーション 2016年02月号付録として登場した、500MBまで無料と大きなインパクトだった「0 SIM」などを提供しています。

女性ユーザーの増加、また年代層として20代や30代が増加

「nuro モバイル」の利用ユーザー数は、現段階では38万回線(0 SIMを除く)ユーザーに達するとのこと。また、ユーザーデータとしては女性ユーザーが増加したことや、年代層として20代や30代が大きく増加していることを強調。さらに、SIMの用途として音声利用の幅が広がっている、としました。

IMG_6167

IMG_6168

今回新しく発表された、2月1日より提供開始のオプションプランですが、「5分かけ放題」、「5時間プラン」、さらに「パケットギフト」となっています。

5分かけ放題

今回新たに追加されたオプションは、月額800円で国内の通話が5分間かけ放題、というもの。また、このオプション自体の付け外しは無料。さらに0 SIMにもかけ放題オプションを追加することが可能となっており、データは使わないが、音声は欲しい、といったユーザーのニーズもカバーしているとのことです。

IMG_6171

例えば、2GBとの組み合わせの場合、データ量分の700円に加えて、音声SIMとして700円、そしてこの5分かけ放題オプションの800円で、月額2200円といった感じになっています。

IMG_6172

なお、5分かけ放題を追加していない場合でも、国内電話や国際電話(32カ国)共に30秒10円となっています。今回に合わせて、ダイヤラーをリリースしており、プレフィックス番号である「0037-692」を意識せずに利用することが可能になっているとのこと。

5時間プラン

今回の大きなポイントとなる、この「5時間プラン」。これは、今までの容量プランといった概念を覆し、1日5時間分の最大375Mbpsの高速通信を提供するというもの。今回発表会の中でも記者からの質問などで一番盛り上がったこのオプションですが、仕組みとしてはサービス側でユーザーの通信アクティビティを常時モニターし、動画や音楽、アプリのダウンロードといった大容量の通信を行う際に5時間分の高速通信を消費していくというもの。通常のテキストベースののコンテンツなど、高速通信が必要ないと判断された場合は、カウントが行われないようです。

IMG_6177

他社の提供するサービスの中には、ユーザーサイドの方で高速通信を利用したい際に専用のスマホアプリなどでスイッチをON/OFFで切り替えるといったものが多い中、今回のnuro モバイルの「サービス側で自動的に検知して高速通信分の時間消費を無駄なく抑える」というのはとても新しい試みと言えそうです。

実際に今高速通信を何時間分利用しているのか、はユーザー専用のカスタマーページにて残り時間が確認できるようになっています。

パケットギフト

nuro モバイルの提供するパケットシェアですが、家族といった垣根を超え、nuro モバイルユーザーであれば誰とでもシェアできるというもの。ギフトコードは、シェアしたいパケット容量を10MBから1MB単位で発行することができ、発行する回数制限はないようです。

キャンペーンも展開中

今回の発表にて、2月末までの申し込み限定で、2GB分のデータ料金が実質無料となる5ヶ月間700円引きキャンペーンを実施するということです。

IMG_6183

 

5時間プランを実際に体験してみた!

nuro モバイルの提供するスマホアプリですが、Android版の場合はアプリを起動して「利用する」を選択した後に、通常の電話アプリを利用する際に自動的にプレフィックス番号が付くようになっています。
IMG_6210 IMG_6211

スピードテストとしてブラウザー上から利用できるfast.comですが、nuro モバイルのSIMが挿入された端末でテストしたところ、発表会が行われた山手線大崎駅付近にて11時辺りで20Mbpsと高速な通信スピードが確認できました。

IMG_6219

こちらがユーザー専用カスタマーページで、詳細な情報を確認できるようになってます。左の端末が、「5時間プラン」契約のもので、当日の高速通信時間の残り時間を確認できるのに対して、右の容量プランの場合は残り容量が確認できるようになっています。なお、5時間プランの場合の残り時間ですが、5分刻みでの表示となっているとのことです。IMG_6229

実際に5時間プランが選択されたスマホ上でウェブ閲覧などを行ったところ、当然のことながら通常のLTE回線の高速通信を生かした体感スピードでページなどを表示できました。また担当者の方によれば、ウェブページ閲覧の場合、最初のページは「初速ブースト」でカバーされるものの、2ページ目以降はこの5時間分の高速通信の対象になるということでした。

因みに下の画面は、先ほどのカスタマーページにて表示される利用状況にて、5分以上高速通信を利用した際に実際に表示された、残り時間の表示となります。

なお、この残り時間の表示に関してですが、実際に体験スペースにて「スマホアプリのウィジェットや通知バーで簡単に確認できたら便利なのでは」といった声も挙がっていました。
IMG_6231

シンプルなモバイルサービスを、をキャッチフレーズとし、今回新たに3つの分かりやすいオプションを追加したnuro モバイル。5時間プランといった、今までの容量プランとは異なる、非常に斬新な使い方をユーザーに提示し、今後の格安SIM界隈がより賑わうことになりそうです。

IMG_6202

nuro Mobile

関連お勧め記事

テザリング無料は今月まで?大容量プラン利用中のユーザーは今一度確認を!... スマホを経由して、ラップトップやNintendo Switch、Nintendo 3DSなどでインターネットを利用できる大変便利なテザリング機能。多くのスマホでこの機能が標準搭載されている中、各キャリアで申し込みが別途必要な内容となっていますが、今までは特に追加料金がかからずに使えたので、気にせず利...
ヨドバシ LTE使い放題SIMはどういう人がお得なのか?ストリーミングで音楽聞く人に最適かも... ヨドバシカメラからLTE使い放題のSIMカード「Wireless Gate SIM」が発売になりました。特徴は、プランの中に最大速度が3Mbpsで容量無制限で月額1,680円で利用できることや公衆無線LANが付いてくるところです。全プランで解約違約金がないと言うのもポイントとなっています。...
iPhone SEへ機種変するには?Apple公式のiPhone下取りは最大で36,000円にも!... 3月22より、Apple公式の下取りプログラムである「iPhone下取りキャンペーン」と独自のリサイクルプログラムである「Apple Renewプログラム」が開始となりました。今まで自分で使ってきたiPhoneを下取りに出すと最大で36,000円もの割引が受けられます。ヤフオクへの出品が面倒とか、個...
iPhone SE各社価格まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク 月額432円より... 3月31日より一般発売が開始される、Apple iPhone SE。既に大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクより端末料金が発表されています。今回3キャリアを比較してみました。...
随時更新:コストコのテレビ、SIMフリー端末セール情報。ガジェットのお得な情報が満載です!... 会員制スーパー、コストコ。Costcoの電化製品売り場は大画面80インチのテレビから防犯カメラまで偏ったセレクト。そして時々出る激安商品。おもしろいですね。このページはそんな格安製品をご紹介するコーナーです。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で