オンライン広告

【レスポンシブ広告】機能概要と事例のご紹介

2016年の夏以降、Googleからレスポンシブ広告がローンチされました。弊社でも色々な広告主様にて導入しておりますが、今回はその機能概要と実際の事例をご紹介したいと思います。レスポンシブ広告のCTRならびにCVRと通常バナーを比較した際の結果とは?

AdblockPlus、Facebook上の広告コンテンツの非表示をサポート。今後のFacebook側の対応は?

Facebookで友達のアップデートを眺めていたりすると、必ず目に入るFacebook広告。ウェブサイトのプロモートからFacebookページへの誘導、さらにはスマホアプリのインストールなど様々ですが、ウェブブラウザー上の広告ブロックプラグインとして知られる「AdblockPlus」は、Facebook広告をブロックすることに成功しているとのこと。

米国では広告をブロックするユーザーが急増、今年はネット人口の20%に当る5200万人に達するとも

ネットではもはや当たり前ともなってしまった、「広告ブロック」。最近になってiPhone上でも「コンテンツブロッカー」機能を活用することで、Safariブラウザ上で広告ブロックを実現することが可能になったことは記憶に新しいですが、米国では広告ブロックを利用する人口が年々急増しており、何と2017年では7000万人にも登るというデータが発表されています。

WordPressの記事本文中にGoogle Adsense広告を自動で表示するには?「Ad Injection」編

Wordpressテーマの設定で、ヘッダー・フッター、また記事の上部や下部にGoogle Adsenseを挿入することは比較的簡単なものの、記事の本文中に自動的にレスポンシブ広告の挿入をするために手動でショートコードを随時入力したり、コード自体を貼り付けたりと、かなり面倒な作業が求められます。今回ご紹介するWordpressのプラグイン「Ad Injection」は、記事本文に自動でGoogle Adsenseを挿入して表示してくれる、とても便利なツールです。