SEOでサイトの集客力を高めるため、頑張って記事を作成したものの全然流入が増えない。そもそも検索しても自分の記事が出てこないのだけど、自分の作った記事はちゃんと検索エンジンに認識されているの?

graph-tablet-man-phone

SEOを始めたばかりの人の、よくある悩みかと思います。作成した記事が、検索エンジン上で出てこない理由は様々あります。競合性が高すぎるキーワードのため、上位に表示されない、テーマとなるキーワードが定まっていないため、検索エンジンに出てこない、システム上の問題で出てこなくなっている…等々。

ただ、こうした原因を探し始める前に、そもそも作成した記事の存在を、検索エンジンが認識しているのかをチェックすることをオススメします。

検索エンジンが記事を認識する仕組み

検索エンジン、例えばGoogleが記事を認識する仕組みについては以下のようになります。

  1. クローラー(Google bot)がページを回遊する
  2. クローラーが集めてきた情報をGoogleがまとめる
  3. Googleが検索結果に表れるよう登録(インデックス)する
  4. ページの評価に従って順位付け(ランキング)を行う

つまり、クローラーが新たに作成したページを巡回してくれない限り、記事が検索結果上に表れてくることはありません。検索結果に表示されないということは、そのサイトがよほど認知されているサイトでない限り、存在しないのと同義になってしまいます。

ちなみに、クローラーに見つけてもらえない原因は色々ありますが、SEO初心者でよくあるケースとしては、サイトを開設して間もないタイミングで数ページ作成したものの、検索エンジンでヒットしない、というところでしょうか。

数ページしかなく、Googleの評価が高くないサイトに対しては、クローラーが巡回する頻度はどうしても少なくなりがちであり、インデックスされるのがどうしても遅くなってしまいます。

自分の記事がインデックスされているか確認する方法

実際に自分の記事がインデックスされているかを確認する方法は簡単です。

Googleの検索窓で「site:インデックス確認したいページのURL」を入れて検索するだけです。

google-web-site-index

上の画像のように検索結果に表示されれば、Googleは作成した記事のことを認識しています。逆に表示されなかった場合は、まだ検索エンジンには認識されていません。

Fetch as Googleで検索エンジンに伝える

もしsite:で検索エンジンに出てこない場合は、ひとまずSearch Consoleの中にある「Fetch as Google」を使ってみましょう。これは、クローラーにページ回遊をリクエストするGoogle公式の機能であり、早ければ5分程度でページが検索エンジン上に出てくることもあります。

google-web-site-webmaster

システム上の問題でインデックスが妨害されているのでない限り、この方法でGoogleには認識されるはずです。

使い方は以下の通りで、とても簡単です。

  1. URLを入れる
  2. 「取得」をクリック
  3. 「インデックスに送信」をクリック
  4. 「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて「送信」

新たにページを作成したり、更新したりした場合はFetch as Googleを利用し、早くインデックスしてもらえるようにしておきましょう。

Related Post

WordPressプラグインを利用し、迅速にGoogle AMP対応するには?... 最近Googleがスタートした、「AMP Project」。呼び方は日本語では「アンプ」と呼ばれていますが、正式名称は「Accelerated Mobile Pages」です。運営されているWordpressのサイトをいち早くAMPに対応させるためのプラグインをご紹介します。 AMP紹介ビ...
【動的検索広告】機能概要とメリット・デメリット... 本日はGoogleのリスティング広告の機能である、動的検索広告についてご紹介致します。GoogleのDynamic Search Ads、DSAとも呼ばれる動的検索広告ですが、この自動化ツールの機能概要やメリット、デメリットを挙げてみました。 機能概要 Googleがウェブサイトの情報か...
これからSEOを学ぶ人にオススメな「Google検索エンジン最適化スターターガイド」とは?... SEOをこれから本格的にやっていこうとする人は、どこから手をつければいいの?という悩みにまず直面するかと思います。SEO関連の情報サイトやブログなどは専門用語がズラリと並んでいて、ある程度基礎がわかっている人向けに書かれていることが多いため、初心者には理解しづらいことが多いように思います。 加...
スマホゲーム開発者に朗報!GDNの枠組みで、Googleの検索結果にて試用プレイ機能の提供を開始!... Google Display Network内では、2015年末より「Trial Run Ads」の提供を行なわれており、これによりプロモートしたいアプリを広告コンテンツとして配信し、ユーザーはダウンロードせずに「ストリーミング」という形で60秒の間体験させることが可能になりました。 今回Go...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう