モバイル向けの高品質スキャナーアプリの「スキャンボット」、高品質のPDFやJPGファイルを簡単なステップで作成できます。また、メールで送信したり、BoxやDropbox、Evernote、その他様々なクラウドサービスへアップロードすることができます。

 

スキャンボット(Scanbot)

実際にアプリを見てみましょう。

写真 2014-04-21 21 19 31 写真 2014-04-21 21 19 34 写真 2014-04-21 21 19 37
起動画面です。簡単なウィザードが表示され、すぐにカメラ画面で撮影ができます。
写真 2014-04-21 20 50 24 写真 2014-04-21 20 50 37 写真 2014-04-21 20 51 41
試しにメモ書きのノートをスキャンしてみました。少しブレてしまっていますが、スキャンボットが自動的に撮影対象の書類の枠が認識され、緑色として表示されます。スキャンされた書類は四隅が認識され、傾きなどが調整されています。
写真 2014-04-21 22 03 03 写真 2014-04-21 22 03 08 写真 2014-04-21 22 03 12
スキャンした書類は、左下のアイコンをタップすることで、オリジナル、フルカラー、グレースケール、白黒モードで保存できます。
写真 2014-04-21 20 54 57 写真 2014-04-21 21 02 31 写真 2014-04-21 21 02 56
スキャンされたPDFは、スキャンボットが対応している主要なクラウドサービスへアップロードすることができます。今回はDropboxと連携をしてみます。Dropboxアプリ上でフォルダアクセスを許可したのち、Dropboxフォルダ配下に「Scanbot」フォルダが作成され、そのフォルダにスキャンされたPDFが保存されます。
写真 2014-04-21 22 09 32 写真 2014-04-21 22 07 36 写真 2014-04-21 22 08 05
また、スキャンボットアプリ上で簡単なハイライトやメモを残すことができます。編集モードにすると、ハイライトペン、消しゴム、メモ、署名等を使用することができます。
写真 2014-04-21 21 11 13 写真 2014-04-21 21 11 36 写真 2014-04-21 21 11 49
既に撮影した写真等をカメラロールから読み込むこともできます。また、左から2番目の「クロップ」アイコンを選択することで指定する四隅をマニュアルで設定できます。
写真 2014-04-21 21 12 05
設定項目では、自動アップロードの設定や、各種クラウドサービスの設定、またPDFで保存するのと同時にJPEGファイルをカメラロールに保存することもできます。
pdf
ハイライトされたPDFファイルをPC上で開いてみました。しっかりとハイライトの図が挿入されています。

 

編集部の感想

  • パシャパシャ写真を撮る感じでさくさくPDFを作れるのがとても便利!スキャナーが手元にない出先等で役立ちそう。
  • 学生とかレジュメをPDFにして管理したら、デジタルで管理できていいかも。
  • 欲を言えば、OCRとかができると検索もできてより便利になるかな。

などといったものでした。是非皆さんも色々とトライして、PDFスキャンライフをお楽しみください!

 

ダウンロード

AppStore

Google Play

関連お勧めアイテム

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で