最近になって、本場アメリカのAmazonプライムに「Prime Musicという、会員向け音楽配信ストリーミングサーヴィスが開始された!」、と聞いたのを切っ掛けに「そういえば、日本とアメリカで内容どれだけ違うんだろう」と思い、今更ながらですがちょっと調べてみました。

amazon-prime

大まかには下記の通りです。

内容 アメリカ 日本
年会費 99ドル(約9900円) 3900円
プライムミュージック 100万曲以上の楽曲をストリーミングで聞き放題 なし
配送 Two Day Shipping お急ぎ便、日時指定が無料
インスタントビデオ 400万以上の動画をフリーで なし
オーナーズライブラリ
(Kindleユーザー限定)
50万冊以上の本から読み放題(但し借りれるのは一度に一冊のみ) 1万冊以上のタイトルから毎月一冊読み放題

 

日本では、「インスタントビデオ」は従量課金でレンタル制ですし、「オーナーズライブラリ」も”毎月一冊のみ読める”といった形で、かなり限定されています。ここは今後のサーヴィスに期待したいと思います。アメリカの方の値段が3倍近くしますが、その分日本では提供されていない「インスタントビデオ見放題」、「プライムミュージック聴き放題」、「オーナーズライブラリ読み放題」という、放題3拍子が揃っています。これ、本当に羨ましい!

因みにAmazon日本では、学生やファミリーを対象に特典を提供しており、例えばファミリー向けの「Amazonファミリー」では、赤ちゃん用のアイテム、おむつやおしりふき等が会員価格(参考価格から最大49%オフ)で買えたり、ベビー用品で使える3,900円分のクーポンをもらえたり、といったメリットがあります。

Amazonプライムの年会費の3900円をどう捻出するか、日本は特に普通に配達が速かったりしますので、いろいろな意見があるかと思いますが、例えば小さなお子さんがおられる場合は、「Amazonプライムに入るとおむつが安く買えちゃうよ!スーパーとかで買うの面倒くさいよね?ちゃんと定期的にデリバリーしてくれるよ?ね?ね?」といった感じで、奥さんを口説けるかもしれませんね。

 

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で