随時更新中!世界最大級のスタートアップイベント「SLUSH ASIA」、満を持していよいよ東京でデビュー!

フィンランド発の世界最大級スタートアップイベントである「SLUSH(スラッシュ)」が、4月24日「SLUSH ASIA」として満を持して東京都お台場でいよいよデビューです!

Slush14_c_Sami_Valikangas-DSC_3344

SLUSHって何?

フィンランドから始まったイベントは、通常のテクノロジーやIT業界向けの展示会やイベントは異なり、ロックコンサートやライブ会場さながらの環境で、世界中のスタートアップ、起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリスト、学生などが参加する、スーパークールなビッグイベントです。最初に行われた2008年の開催では、参加者は200名程度だったのに対して、去年2014年は世界約80カ国から1万4000人の来場者が訪れる巨大イベントに成長しました。

因みに2014年のイベントのデータとしては、

  • 参加者:14,000人以上
  • 企業:1,300
  • 国や地域:78ヶ国
  • ボランティアの数:1,700人以上
  • メディア・媒体:700社以上
  • 参加したインベスター・投資家の取扱金額:2,000億ドル(現在のレートで約24兆円)以上

といった、いわば飛ぶ鳥を落とす勢いの内容となっています。

今回、ヘルシンキで行われたSlushを是非アジアにも!ということで、急遽急ピッチで企画・プランニングがなされた待望のSlush AsiaSLUSH ASIAは、10ヶ国以上からゲストスピーカーが集まり、スタートアップ250組は20ヶ国以上、また100名の投資家や国内外の学生を中心としたボランティア、ジャーナリスト等を含む約3,000名が参加を予定しています。

スピーカーも豪華勢ぞろい!

当日予定しているキーノートセッションですが、日本からは「パズドラ」でお馴染みのガンホー・オンライン・エンターテイメントの会長やMovida代表取締役、加えてSlush 2014 Fireside Chat(YouTube)でも登壇された孫 泰蔵さん(@TaizoSon)や今回新しくC Channelを立ち上げた元LINEの森川さん(@moriakit)、また海外勢は「クラッシュ・オブ・クラン」などのメガヒットをリリースする、CEOイルッカ・パーナネンス(@ipaananen)さんや、可愛らしいマスコットが特徴のアングリーバードでお馴染みのRovio社よりPeter Vesterbacka氏(@pvesterbacka)であるといった豪華メンバーとなっています。

slush-asia-speaker

タイムテーブルも発表、開始は9:00AMより!

登録は朝の8:00AMから開始され、会場には5つからなるドーム「ホワイトロック」が準備されており、それぞれのステージでキーノートのスピーチを初めとして、国内外の才能あふれる50組みのスタートアップからなる国際色豊かな「ピッチコンテスト」が、およそ7時間に渡りノンストップで繰り広げられます。また、18時からはドーム内がアフターパーティ会場となり、徳井直生氏による人口知能DJをはじめDJ SHINTARO等、様々なDJパフォーマンスが予定されています。

slush-asia-timetable

 

関連記事:  フジロック2016、第一弾ラインアップついに解禁!!

追記(4/23):キーノートのタイムテーブルが発表されています!9:00AMのオープニングからほぼ20分刻みでのランチブレイクなしのキーノートステージ、今から楽しみです!

slush-asia-timetable-keynote

こちらがキーノートのプロフィール入りのプログラムとなります。

11163445_10152929512864492_4143747034257604627_o

 

スタートアップピッチングコンテストに参加する企業のログ一覧です。

slush-asia-startup-pitchning-2

 

こちらが「ホワイトロック」と名付けられたジオデシック・ドームのパース画像となります。バックミンスター・フラーという建築家であり、哲学者でもある彼が考案・提唱した円蓋建築ですが、今回はお台場の会場に世界初となる、5基が並んで建築されるとのこと!

slush-asia-domes

 

Slush14_c_Jussi_Hellsten_MG_0032

Slush 2014の会場の様子

 

Slush Asiaに行ってみたい!ボランティアとして参加したい!という方は、是非こちらのページをご覧ください!当日は当メディアでも現地レポートをお届けする予定です、こうご期待ください!

当日はUSTREAMでも配信が決定!

当日どうしても都合がつかない!残念ながらチケットが売り切れで買えなかった!という方もご安心を。当日の様子はUSTREAMでも配信を予定しています。公式サイトのこちらのページ、またはUSTREAMチャンネル(こちら)より、ピッチングステージとSlushカフェの様子がリアルタイムに確認できますよ!

slush-asia-ustream

会場・ロケーション

最寄りの駅ですが、ゆりかもめ・青海駅からはほぼ目の前、またりんかい線・東京テレポート駅からは徒歩10分ほどです。

slush-asia_map

 

 

Slush Asia公式サイト

公式ページはこちらです。

Slush Asia公式アプリ

Slush Asia公式アプリが公開されています。これで、各ピッチングスピーチの会社概要や気になるキーノートにリマインダー設定などを行うことができます。

Slush-Asia-iOS-App

AppStore

SLUSH ASIA
SLUSH ASIA
Developer: Guidebook Inc
Price: Free
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot

Google Play

SLUSH ASIA
SLUSH ASIA
Developer: Guidebook Inc
Price: Free
  • SLUSH ASIA Screenshot
  • SLUSH ASIA Screenshot

入場アプリのダウンロードはこちらから

当日ですが、Peatixが開発したスマートフォンアプリ専用の光るチケット「ColorSync」を使って入場のチェックが行われるとのこと。イベントの受付が始めると、スマートフォンのチケット画面が様々な色に光ります。是非前日までにアプリをダウンロードして、準備万端で挑みましょう!

関連記事:  はてなブックマークをiPhoneでより簡単に登録するには?

AppStore

Google Play

Peatix
Peatix
Developer: Peatix
Price: Free
  • Peatix Screenshot
  • Peatix Screenshot

関連お勧め記事

羨ましい!Appleの中国お正月イベント、MacやiPhoneの購入でBeats Solo3ヘッドフ... 日本での1月2日限定のお正月イベントが終わってひと段落している中、Chinese New Yearである「春節」を祝うイベントがApple中国より発表されており、それによるとMacやiPhoneの購入で何と3万円もするBeats Solo3 Wirelessヘッドフォンがもれなく無料でゲットできると...
【TechCrunch Tokyo 2016】メルカリ、日米5500万ダウンロードを突破。ファウンダ... 日本ではフリマアプリとしてデファクトとなっている「メルカリ」。今回TechCrunch Tokyo 2016にて、ファウンダー・CEOの山田氏がキーセッションにて現在好調な米国市場のアップデートや現状の開発体制、さらに今後の視野等を明らかにしました。...
【Slush Asia 2016】台灣創業競技場 – 台湾のスタートアップが大集結。女性... 幕張メッセで2日間開催されたフィンランド発最大級スタートアップのイベントですが、会場には「TAIWAN STARTUP STADIUM」にて台湾ベースの数多くのスタートアップ企業が自社ソリューションやサービスを展示しており、今回はその中から特に当メディアが注目したテクノロジーをご紹介します!...
北欧ベースのスタートアップピッチ、#NordicMade。フィンランドやスウェーデンを始めとした国々... 今回のSlushAsia 2016の開催に合わせて、その前夜に北欧ベースとなるスタートアップのピッチイベント #NordicMadeに参加してきました。最近のIoTの分野からセンサー技術、シェアリングエコノミー、さらにはB2Bまで幅広くカバーし、とても充実した内容のピッチでした!...
【随時更新中】現地レポート!本日5月13日より2日間開催中、Slush Asia 2016。会場のエ... 幕張メッセにて現在開催中の最大級スタートアップイベントのSlush Asia 2016。去年の参加者は3000人以上だったのに対して、今回は6000人以上を想定しており、加えて今年からは学生が主導となり運営が行われていることもあり、会場の熱気はものすごいものがあります。2日間ビッチリのタイムテーブル...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で