新型MacBook Proでは新しくTouch Barが搭載されたり、既存のUSBポートが廃止され新たに4つのUSB-Cポートが採用されるなどで話題を呼んでいますが、カスタマイズオプションで最大16GBしか選択できないことに不満の声も。

macbook-pro-top

答えはバッテリーライフを考慮して

実際にAppleに問い合わせをユーザーが行なったところ、何とマーケティングチーフのPhil Schiller氏から直々に回答を得たようです。

質問への回答としては、Phil氏曰く「16GB以上のRAMを搭載することでより大きな電力が必要となり、効率的ではないと考えている。トータルでバランスのとれた新型MacBook Proを是非試して欲しい」というものです。

彼のコメントからも分かる通り、今回の新型MacBook Proのパフォーマンス向上は搭載されたRAM容量サイズに影響を受けるものではないようです。加えて、Appleはラップトップのラインアップでは、消費電力を常に意識しより長いバッテリーライフをユーザーに提供できるようにデザインしていることが分かります。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルでは、カスタマイズでRAMの選択肢に32GBが提供されていることもあり、今回新型MacBook Proにも同様のオプションが出てくると期待したユーザーも少なくないようですが、皆さんはどう思われますか?

発信元:The Verge

関連お勧めアプリ

‎Unclutter
‎Unclutter
Developer: Eugene Krupnov
Price: ¥2,440
  • ‎Unclutter Screenshot
  • ‎Unclutter Screenshot
  • ‎Unclutter Screenshot
  • ‎Unclutter Screenshot
  • ‎Unclutter Screenshot
‎DaisyDisk
‎DaisyDisk
Price: ¥1,220
  • ‎DaisyDisk Screenshot
  • ‎DaisyDisk Screenshot
  • ‎DaisyDisk Screenshot

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で