2015年8月よりiOS 9ベータリリースとほぼ同時に、米通信事業者であるAT&TはiPhone等でWi-Fi経由で通話やSMSテキストのやり取りが行える「Wi-Fi通話機能」を開始してきましたが、今回米国外へ旅行するユーザー向けに「国際Wi-Fi機能」を提供し始めているようです。

at-and-t-wifi-calling-iphone

国際Wi-Fi通話機能とは?

通常のケースとしてローミングサービスに加入している場合、例えば旅行先で電話をかけたり、友達や同僚から電話がかかってきた場合、「ローミング料金」でかなり高い金額を支払う必要がありました。

今回AT&Tのサービスでは、例えば米AT&Tユーザーがイギリスに旅行をしている際、Wi-Fi経由でインターネットに接続していれば、アメリカの友達から電話がかかってきても、ローミング料金なしで電話できることになります。また、アメリカの自宅のご近所さんに電話をかけたとしても、「アメリカ国内から電話をかけている」という扱いになり、この場合もローミング料金がかからないことに。

at-and-t-wifi-calling-iphone-2

既にSkypeを始め、AppleがiPhone同士、またiPadやMacにてFacetime VideoやAudioを提供していたり、LINEの無料通話やFacebook Messengerの通話機能を提供していますが、やはりいつでもどこでも料金に気兼ねなく電話できるというのは大きいですね。

今回対応となっているのは、iOS  9.3にアップデートをしているiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、そしてiPhone 6 Plusになります。

travel-beach-pool-couple

日本では、各キャリアがかけ放題定額プラン等を提供していたり、ソフトバンクなどはアメリカやハワイにて電話やインターネットが定額になる「アメリカ放題」を展開していますが、いち早くWi-Fi機能や旅行先でも使える国際Wi-Fi機能に対応して欲しいものです。

発信元:9to5Mac

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で