Dropbox、6800万件以上のユーザー情報が漏洩したことを受け、2012年半ば以前に作成したパスワードを強制的にリセット!

オンラインストレージの代名詞とも言える「Dropbox」。個人的な写真やドキュメントを家族や友達と共有しているユーザーや、会社でも資料などをフォルダ共有しているオフィスなども増えてきました。そんな中、今回Dropboxより「2012年半ば以前に作成したパスワードをリセットしました」のメールが届いてなんだろうと首を傾げた方も多いはず。どうも、昔に漏洩したDropboxのアカウント情報がオンライン上で売買されていることが関係しているようです!dropbox-account-2012-breach

Dropboxの2012年の情報漏洩事件

2012年後半にDropboxの元従業員経由でDropboxユーザー情報が漏洩した被害に遭い、メールアドレスがスパムメールとして悪用されたりした過去がありましたが、当時Dropbox社はハッキングの被害を認めたものの、具体的な数字などを公表していませんでした。

今回、ネット上のデータベースを売買するコミュニティやLeakbaseでこの2012年に漏洩したと思われるデータが取引されていることが発覚しており、取引されているデータベースに格納されているユーザー情報の数は何と6800万件にも上るとのこと!

漏洩したアカウント数は何と6800万件以上!

正確には、 68,680,741件のDropboxユーザー数、その中にはメールアドレスに加えて、ハッシュ、またはソルト化されたパスワードが含まれるとのこと。また、現Dropbox社員によって、このデータの裏付けが取られているということです。

iphone-surprised-woman

実際に2012年のデータが利用されることで、具体的にどれだけの数のユーザーが被害を受けるのかは未知数で、Dropboxとしても「安全のための予防措置」として今回2012年半以降パスワードの変更を行っていないユーザーを対象としてパスワードリセットを行った旨を告げる「2012 年半ば以前に作成したパスワードのリセットについて」のメールを送ったということ。対象のユーザーは、次回Dropboxにログインする際に新しいパスワードをセットするように誘導されるようです。

どうしても面倒くさいのもあってパスワードをいろんなサービスで使い回したり、簡単なもので済ましてしまう事が多くありますが、しっかりと自分の身は自分で守れるように日頃から心がけましょう。

発信元:AppleInsider

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で