Appleのアナリストとして有名なMing Chi Kuo氏によると、2020年に5G対応した3つの新型iPhoneがリリースされるとしています。

当初Kuo氏の予想では、2020年に発表される3つのモデルのうち、2つのモデルのみが5G対応したものと見られていましたが、今回の投資家向けのレポートの中で全3種類全てが5G対応するだろうと見ています。また、彼によると今回のAppleによるIntel社のスマートフォンモデムチップ事業の買収により、iPhoneの5G対応に必要となるリソースの増強ができたとしています。

5G通信はmmWaveとサブ6GHzに対応か

2020年の新型iPhoneでは、北米市場で要求されているmmWave(5G NRミリ波通信)に加えてサブ6GHzの2種類に対応する、とされています。なお、サブ6HZの1種類のみに対応したモデルを低価格帯向けに出すのでは、とも予想されていますが、この部分は未だ定かではないようです。

現在のところ、今回のIntel社のモデムチップ事業の買収を行ったものの、2020年の5G対応新型iPhoneでは、引き続きQualcomm社のモデムチップを採用すると言われており、自社のモデムチップが利用可能になるのは2021年以降になると予測されています。

超高速が売りとなる5G通信をサポートする他、2020年にローンチする新型iPhoneでは、今までとは異なる新たなデバイスサイズを投入するとしており、有機ELを採用した5.4インチ、6.1インチ、そして6.7インチの3つのタイプとなるようです。現行モデルであるiPhone XSが5.8インチ、iPhone XS Maxが6.5インチとなっている事から、片手でしっくりと持てるサイズ感の5.4インチモデルは多くの人気が集まりそうな予感です。

2020年の実用化を目指して開発が進んでいる次世代移動通信の5Gですが、体感スピードは10倍以上にもなると言われています。スピードがより高速になり、スマホでの動画鑑賞やゲームプレイなどがより快適になる事が期待されている中で、ユーザーからすると料金体系がどう変わるのかも気になるポイントです。

発信元:MacRumors

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で