アップルが国際航空券に費やすコストは最低でも年間160億円以上!果たして一番人気の路線は?

新型iPhoneの噂がされ始めたAppleですが、グローバルにオフィスを持ち、かつ数多くのサプライヤーとの連携を密に行う様な会社の年間渡航費ってどれぐらいなんだろう、と疑問に思った方も多いはず。今回アメリカ・ユナイテッド航空がボードサインに掲げた数値がとても話題になっています!何と毎日50席ものビジネスクラスが購入されている路線もある様です。

ユナイテッド航空によれば、Appleは年間1億5000万ドル(約163億円)を費やしているとのこと。また、一番購入されている路線はサンフランシスコ−上海間で、毎日50席ものビジネスクラスが購入され、金額にして3500万ドル(38億円)になるとのことです。

トップの上海の次は香港、台北、ロンドン、韓国、シンガポール、ドイツ・ミュンヘン、東京、北京、イスラエル、で東京は8位に入っています。

関連記事:  フードを注文するとロボットが届けてくれる!米サンフランシスコでトライアル中とのこと

Appleは、世界中に13万人以上の従業員を抱え、各国にオフィスや店舗を構えています。今回の統計ですが、サンフランシスコ国際航空(SFO)からのみの分なので、グローバルでは必然的にそれ以上の金額になると思われます。

ユナイテッド空港にとってのApple以外のお得意さんは、FacebookeやGoogle、マッキンゼーやオラクル、またビザなどがリストに含まれていますが、Appleの金額はずば抜けて高額になっています。

現行モデルのiPhone XS、XS Max、及びXRの販売数に関して苦境を強いられているAppleですが、次期モデルとなる今年のモデルには期待したいものです。

発信元:MacRumors

kirakira+
kirakira+
Developer: bytes inc.
Price: ¥120
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot

関連記事:  Apple Storeオンライン、iPhone 6s SIMフリー版の出荷が3~5営業日に!気になるiPhone 6s Plusは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で