新たに登場したQRコード決済サービス「PayPay」、総額100億円を還元するということで一躍話題になったサービス。サービス当日は不具合などが報告され、その後不正利用されたと報告するユーザーも。今後の行方が気になります。

このまとめ記事はSUMMTIME(サムタイム)が提供する話題のトレンド「新しい決済サービスPayPayの100億円還元! に関するトピック」を掲載しています。

利用で20%が戻ってくる、また運が良ければ全額タダ?!


Responsive image Engadget Japanese


ソフトバンクとヤフーが手がける決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」は、支払額の20%をポイント還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施します。

1回のPayPay支払いごとに、最大20%が「PayPayボーナス」として還元されます(上限はひと月辺り5万円)。

PayPayは12月4日より、全国のファミリーマートで利用できるようになります。

出典: 還元率20%の衝撃──スマホ決済のPayPay、100億円バラマキでキャッシュレス市場に攻勢 – Engadget Japanese


Responsive image マイナビニュース


さらに、カメラ量販店のビックカメラが12月4日からPayPayでの支払いに対応すると発表したことで、一気に注目が高まりました。

レジカウンターで支払いをしている人を見てみると、おおむね4人に3人はPayPayで会計しており、キャンペーンに合わせて欲しかったアイテムを買いに来た人が多いことがうかがえました。

本来は、アプリに表示されるバーコードをスキャンしてもらえば会計が済むのですが、ビックカメラではまだこの決済方法に対応しておらず、アプリで会計金額を自分で入力する方法が採られていました。

決済完了後に表示される画面を見ると、確かに購入金額の20%がポイントバックされたという表示が現れました。

ただ、午前中にビックカメラで20~30分見た限りでも、iMac ProやiPad、フルサイズミラーレス、交換レンズなどの高額商品を購入する人が次々に訪れており、この盛況ぶりを見ると半月も持たず終了しそうな勢いでした。

出典: 圧巻の28%還元、運がよければ全額タダ「PayPay」の衝撃 – マイナビニュース

ビックカメラやミニストップなどPayPay決済の加盟店として参加


Responsive image Engadget Japanese


さらに、店舗や商品によりポイント率は異なりますが、ビックポイント8%も貯まるとのこと。

PayPayはソフトバンクとヤフーが手がける決済アプリで11月22日に、総額100億円を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を発表しました。

ビックカメラもPayPayの対象店舗として、発表されていましたが対応時期は未定としていました。

出典: ビックカメラでPayPay利用可能に、100億円キャンペーン対象&ビックポイントも貯まる! – Engadget Japanese


Responsive image TechCrunch


「PayPay」はソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するスマホ決済サービスです。

新規登録すると500円相当のPayPayがもらえる点も見逃せません。

還元金額が総額100億円に達したときは、キャンペーン期間の途中でも終了します。

出典: 「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」が揃って12月17日から全国のミニストップで利用可能に – TechCrunch

あまりの人気のため、初日から不具合報告が続出


Responsive image ライブドアニュース

関連記事:  【ニュース】Sony、電子書籍リーダー「Reader」から撤退?

スマートフォンを使ったQRコード決済のサービス「PayPay(ペイペイ)」で、4日午後に不具合が発生し、サービスが一時使いづらい状況になった。

決済処理の遅れで、同じ商品を複数回決済してしまった人も相次いだ。

4日からファミリーマートとビックカメラで使えるようになったほか、同日から支払いごとに毎回20%分のポイントを還元するキャンペーンを始めた影響で利用が集中したようだ。

還元の総額が100億円分に達するか、来年3月末になるまで続けるとしていた。

ペイペイは、ヤフーとソフトバンクが共同で設立した。

出典: QRコード決済「ペイペイ」で不具合キャンペーン初日 – ライブドアニュース

中には還元目的でiPadやSwitchを大量購入するユーザーも?


Responsive image わんこーる速報!


100億円あげちゃうキャンペーンでは、決済された月の翌月10日前後となっています。

>>19 あースイッチは中国で売ってないもんな そらスイッチになるわ。

ちなみにヤマダ電機はゲーム本体は一人一台ってなってるところがほとんどで、ポイント還元率が1-3%なのであんまり美味しくない。

出典: 【悲報】PayPay還元祭りでSwitchが転売目的で大量に購入されている模様 – わんこーる速報!


Responsive image ベア速


いつもPayPayをご利用いただき、誠にありがとうございます。

PayPayアプリやYahoo! JAPANアプリを利用して3万円以上のお支払いをする場合は、都度、ご利用店舗にご本人様を確認できる確認書類(>>0�の提示をお願いいたします。

いうてそんな真面目に審査するか? マンガをぺいぺい出来たらええんやけどなあ それできるのコンビニくらいか? >>157 アプリには金額しか出ないけど裏はどうなんだろね 上限の5万10万があるから、複アカでも厳しく見るんじゃね?

出典: 【悲報】PayPayの転売屋さん達、ポイントが貰えなさそう – ベア速


Responsive image 仮想空間の片隅に


・・・結構、具体的に計算していきますが ペイペイ払いで転売したらアカウント凍結されてポイント入金されない可能性が大いにあります 。

) と疑問に思われるかもしれませんが、 利用規約 の一部を見てみましょう。

確かに ペイペイ払いだとキャンペーン中20%OFF だし儲かりそうな印象はあります。

しかし、この5365円から販売手数料と送料・梱包費が引かれます。

さらに、グレーな手段を使わなくても Yahoo! JAPANカード に登録すると 4000円分 のTポイントが 完全無料 で貰えます。

関連記事:  【リーク】次世代iPad AirのA8チップやTouch IDセンサー搭載はほぼ確定?!

出典: 【考察】ペイペイ払いでスイッチ転売したら儲かるのか計算してみた※実際は利用規約から絶対やめた方がいいです – 仮想空間の片隅に

不正利用対策は去年12月21日より実施


Responsive image ライブドアニュース


100億円相当を利用者に還元するキャンペーンを展開し急激に利用者を増やしている「PayPay」だが、11日ころから身に覚えのない「PayPay」決済についてクレジットカード会社から連絡を受けたというTwitter投稿が相次いでいる。

中には、「paypay経由でカード80万円不正利用されちゃいました」「合計100万に近い金額だったのでとても不安」と高額の被害を訴える声も存在。

数件の問い合わせがあるが、「PayPay」側では不正使用かどうかを判断できないため、「お客様自身でクレジットカード会社にお問い合わせくださるよう」案内しているとの回答だった。

今後については、不正使用が判明した場合、アカウント停止などの対応や不正防止の対策を検討するとした。

このため、「PayPay」の利用登録をしていなくても被害にあうこともあり、「PayPay」で使えるVISA、MasterCard、Yahoo! JAPANカードの利用状況には注意する必要がある。

出典: PayPayでクレカ不正利用の報告相次ぐ 情報流出の事実は否定 – ライブドアニュース


Responsive image Engadget Japanese


不正利用問題への暫定対策としています。

また、Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額も『過去30日間で5万円』に制限します。

なお、PayPay残高やYahoo!マネーでの決済、および銀行口座からPayPay残高へのチャージについては制限が適用されません。

また、12月19日の上場会見では、ソフトバンクの宮内謙社長がPayPayの不正利用問題を謝罪し『昨日(12月18日)全部改良しました』とコメントしていました。

今回の暫定対策により、クレジットカード経由では30日間で5万円しか決済できないことになり、利用者は不便を強いられることになります。

出典: PayPay、クレカ決済に『月5万円まで』上限不正利用で対策 – Engadget Japanese

中にはボーナス取り消しの通知が届いたユーザーも?


Responsive image Yahoo!ニュース


不正者へのボーナス付与取り消しは1月8日に告知されており、その際取り消しの理由となる行為の例として「対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合」や「当社の利用規約に違反する行為があった場合」などが挙げられていました。

Twitterでは情報が錯綜しており、同一商品を複数購入すると不正扱いになるとの声もありますが、これについて広報は「本人が不正なく購入したものであれば複数購入は問題ありません」とコメント。

Twitterではボーナスを取り消された主な理由として「複数のアカウントを作っていた場合」や「本人名義でないクレジットカードで決済した場合」が見受けられますが、これらについては「規約にある通り不正扱いになります」とのことでした。

Twitter上では「他人のPayPayアカウントに自身のクレジットカードを不正に登録され、自身のPayPayアカウントでもそのクレジットカードを登録していたため、自分まで不正扱いされてボーナスがもらえなかった」というケースも報告されています。

こうした事例については、「専用フォームからご説明いただき、本人の不正でないと確認が取れれば取り消しを見直します」と説明しました。

出典: PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス取り消し報告が続出PayPay広報に理由聞いた(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で