世界中が待ち望んでいたソニーの次世代コンソール機Playstation 5のハードウェアデザインの全貌、また純正アクセサリなどが本日11日に行われたライブ中継の発表会にて明らかになりました。

PS5は2モデルの展開

PS5のデザインですが、白と黒を基調とした本体やコントローラがとても特徴的で、縦置きを前提としたデザインになっています。またモデル展開ですが2モデルあり、まず一つは4K Blu-rayドライブを搭載したモデル、そしてダウンロードのみに特化したデジタル版になります。

この2つのモデルの違いですが、光学ドライブの非搭載となるデジタル版の方が若干Blu-rayドライブモデルと比べてかなりスリムになるようです。なお、今回発表がなかった価格帯ですが、通常の場合は光学ドライブを搭載したモデルと比較して、デジタル版の方が安くなる傾向にあります。

PS5の前面パネルにはUSB-AとUSB-Cポートが設置されています。

純正のアクセサリもたくさん用意される予定で、DualSense充電ステーション、HDカメラ、Pulse 3Dワイヤレスヘッドセット、そしてメディアリモコンなどが挙げられました。

DualSense充電ステーション

HDカメラ

Pulse 3Dワイヤレスヘッドセット

メディアリモコン

今回新たに発表されたPlaystation 5のハードウェアデザインですが、2019年12月にMicrosoftが次世代コンソールとして発表したXboxシリーズXから数ヶ月の時を経ての発表となりました。

まだ詳細なスペックが明らかになってはいないものの、AMD Zen 2 CPU 8コアを搭載し、AMD RDNA 2ベースのカスタムGPUを搭載する予定です。このAMDをベースとしたカスタムチップにより、PS5は10.28テラフロップスという驚異的なパフォーマンスを実現する予定です。

加えて独自のSSDソリューションを採用する事で、ゲームロード時間も大幅に短縮され、825GBのSSD容量で5.5GB/sのスピードとなる予定です。

PS5のゲームコントローラですが、名称がDualSenseコントローラで、アダプティブトリガー、振動ベースのフィードバック、そして新しいクリエイトボタンでゲームプレイ中のコンテンツをシェアできるようになります。現行モデルであるDualShockコントローラにあるDパッド(上下左右ボタン)や各種ボタンはそのまま上部に配置され、左右の2つのアナログスティックは下の方にレイアウトされています。加えてこのDualSenseでは、中央に大きなタッチパッド、並びにその両端が光るようになっています。

PS4との互換性は?

現行PS4ユーザーとして一番気になるのが、PS4のゲームタイトルの互換性ですが、現時点でリリースされている4,000タイトル以上がPS5上でも動作するとされており、加えてPS4以上のフレームレートや高解像度で楽しめる可能性が非常に高いようです。

価格や発売時期は?

今回の発表会では、PS5のデザインやアクセサリ、また現在開発中の各ゲームタイトルの開発中のプレイ画面などがメインとなり、価格や発売時期はベールに包まれたままとなっています。

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で