SEO上、とあるキーワードにおいて、本来Googleの検索結果に表示したいページではなく、意図しないページが表示されることがあります。また、過去に行ったキャンペーンページや、内容の薄いページが上がってしまうことにより、獲得できるはずのアクセスを逃してしまうこともありがちケースです。果たして不要なインデックスを消すには?

tablet-graph-document

これらが発生する原因としては、本来上げたいページに検索エンジンからの評価が集まっていなかったり、サイトの構造上、不適切なページへ評価が集中していることが考えられます。

このような事象が発生している場合、解決する手段の一つとして不要なページのインデックスを消してしまう方法があります。ただ、インデックスを消すことにより、検索結果の順位が大きく下がってしまう可能性もあるため、検索キーワードで表示させたいぺージを用意し、タイトルにキーワードを含めて適切な形で設置しておく等の準備は必要になります。

ケース1 – ユーザビリティに影響しない想定外のページが上がってくる

例えば明らかにユーザビリティの悪い、想定外のページが検索結果に表示される場合、そのページはインデックスから外した方がいい、という判断になります。その場合は、対象ページの<head>内に

<meta name=”robots” content=”noindex”>

と記載しましょう。

それまで上がっていたページがインデックスから外れ、次に評価されているページが検索結果に表示されるか判定されます。明らかにユーザーにこのページを見せても仕方ないな…という場合は、noindexでページをインデックスから外します。

google-index-result

ケース2 – テーマ性は似ているが意図しないページが上がってくる

テーマ性は似ていて、しかし本来表示したくない下層ページが検索結果に表示されるケースです。この場合は、テーマ統一をさせるために、<head>内に

<link rel=canonical href=“評価統一先のページのURL(上記図だとテーマA)” />

と記載します。似ているページだけど、こちらの方が見て欲しいページだよ、ということを検索エンジンに伝える効果があります。

基本的には、テーマ統一先のページに内包されているような別ページのコンテンツはcanonicalを使って評価を集中させた方がいいケースが多いかと思います。対象キーワードで評価されているページが明確になり、表示されるページのズレ解消に繋がる可能性が高まります。

google-index-result-2

まとめ

上げたいのに意図しないページが上がってくるのは、SEOを行っているとよくある事象です。何が原因なのかを探り、適切な処置を行うことで、表示ページのズレ解消とユーザビリティの向上に繋がり、最終的にはサイトの収益性が上がることにも繋がりますので、根気強く対応していきましょう。

Related Post

スマホゲーム開発者に朗報!GDNの枠組みで、Googleの検索結果にて試用プレイ機能の提供を開始!... Google Display Network内では、2015年末より「Trial Run Ads」の提供を行なわれており、これによりプロモートしたいアプリを広告コンテンツとして配信し、ユーザーはダウンロードせずに「ストリーミング」という形で60秒の間体験させることが可能になりました。 今回Go...
【動的検索広告】機能概要とメリット・デメリット... 本日はGoogleのリスティング広告の機能である、動的検索広告についてご紹介致します。GoogleのDynamic Search Ads、DSAとも呼ばれる動的検索広告ですが、この自動化ツールの機能概要やメリット、デメリットを挙げてみました。 機能概要 Googleがウェブサイトの情報か...
これからSEOを学ぶ人にオススメな「Google検索エンジン最適化スターターガイド」とは?... SEOをこれから本格的にやっていこうとする人は、どこから手をつければいいの?という悩みにまず直面するかと思います。SEO関連の情報サイトやブログなどは専門用語がズラリと並んでいて、ある程度基礎がわかっている人向けに書かれていることが多いため、初心者には理解しづらいことが多いように思います。 加...
記事が検索エンジンに出てこない!インデックスされているか、調べる方法とは?... SEOでサイトの集客力を高めるため、頑張って記事を作成したものの全然流入が増えない。そもそも検索しても自分の記事が出てこないのだけど、自分の作った記事はちゃんと検索エンジンに認識されているの? SEOを始めたばかりの人の、よくある悩みかと思います。作成した記事が、検索エンジン上で出てこ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう