ユーザーからのお問い合わせフォームをWordpress上で簡単に実現するのに必須となるプラグイン「Contact Form 7」ですが、今回はこのプラグインを利用しているユーザー向けに、Google Analytics上でのコンバージョンである「目標」として送信フォームの送信完了を解析する方法をご紹介します。

graph-ipad-lady

1. WordPress側の設定:Contact Formに一行追加するだけ!

一見難しそうな設定項目ですが、コンタクトフォームにあるフォームを選択した後に表示される「その他の設定」画面にて、コードを1行追加するだけです。

Google Analytics by MonsterInsightsの場合

まず、前提としてGoogle Analyticsの導入を「Google Analytics by MonsterInsights」で行っている場合ですが、下記のコードをコピペします。

on_sent_ok: "__gaTracker('send', 'event', 'ContactForm', 'submit');"

貼り付ける場所は、こちらの「その他の設定」項目になります。

contact-form-7-google-analytics-2

因みにですが、あまりこのプラグインの名前に馴染みのない方も多いはず、それもそのはず前の名前はあの有名なYoast社が提供する「Google_Analytics by Yoast」で、アップデートを行ったことで、この名前に生まれ変わりました。

google-analaytics-by-monsterinsights

それ以外の場合

テーマテンプレートにphpで貼り付けてある場合、またその他のプラグインでGoogle Analyticsを設定している場合は下記のコードを1行追加します。

on_sent_ok: "ga('send', 'ContactForm', 'submit');"

Google Analytics側の設定

ここでは、新しい目標を作成し、タイプを「イベント」で選択した後、下記の項目を記入します。

  • カテゴリ:「ContactForm
  • アクション:「submit

contact-form-7-google-analytics

設定はこれで完了です。実際に設定が反映されるまでに少し時間(24時間〜48時間程度)がかかりますが、問題なく設定が完了した場合は下記のような目標トラッキングができるようになります!

contact-form-7-google-analytics-3

注意する点

一つ気をつける点として、このコードを追加することで、Contact Form 7が吐き出す「メール送信が完了しました」のメッセージが表示されなくなる、というケースが発生しているようです。原因としては、Google Analytics by MonsterInsightsプラグイン内の設定にある「一般設定」内の「ユーザーを無視」の項目にて、テストを行っているユーザーが追加されている場合、その対象のユーザーがアクセスしたページに対してはGoogle Analyticsのコード自体を削除してしまうため、追加したコードとの間で競合が発生してしまう、としています。

なので、テストの場合はSafariであれば「プレイベートウィンドウ」、Chromeの場合は「シークレットウィンドウ」を利用して、Wordpressにログインしていない状態でテストを実施することをお勧めします。

google-analaytics-by-monsterinsights-2

Related Post

WordPressのDBを簡単にリセットする方法 WordPress運用を行っていると、サンプルデータをクリアにしたい時やテスト等の時にWordpressを一度リセットしたいことなどがあると思います。そんな時に便利なWordpressのプラグインをご紹介します。 Wordpress Reset プラグインのインストールはこちらから。イン...
WordPressの記事本文中にGoogle Adsense広告を自動で表示するには?「Ad Inj... WordPressテーマの設定で、ヘッダー・フッター、また記事の上部や下部にGoogle Adsenseを挿入することは比較的簡単なものの、記事の本文中に自動的にレスポンシブ広告の挿入をするために手動でショートコードを随時入力したり、コード自体を貼り付けたりと、かなり面倒な作業が求められます。今回ご...
WordPressプラグインを利用し、迅速にGoogle AMP対応するには?... 最近Googleがスタートした、「AMP Project」。呼び方は日本語では「アンプ」と呼ばれていますが、正式名称は「Accelerated Mobile Pages」です。運営されているWordpressのサイトをいち早くAMPに対応させるためのプラグインをご紹介します。 AMP紹介ビ...
WordPressで公開前の記事を共有するには?... WordPressで運用しているウェブサイトにて、非公開の投稿を関係者に共有して事前確認して欲しい時など、皆さんはどうされていますか?PDFにエクスポートしたり、スクリーンキャプチャなどで苦労されている方も多いはず。今回ご紹介するプラグイン「Public Post Preview」で簡単に共有が可能...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう