最近Googleがスタートした、「AMP Project」。呼び方は日本語では「アンプ」と呼ばれていますが、正式名称は「Accelerated Mobile Pages」です。運営されているWordpressのサイトをいち早くAMPに対応させるためのプラグインをご紹介します。

google-amp-wordpress-plugin

AMP紹介ビデオ

AMPに賛同するメディアも多数

Googleによれば、AMP には New York Times や BBC をはじめとするパートナーが世界的に参加を表明しており、日本でも、朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞、株式会社イード、マイナビニュース、BLOGOS をはじめとする多くのメディアやコンテンツ提供者が AMP への対応を準備中、また、Ameba や LINE を含むサービスが、サービス内のコンテンツ ページを AMP に対応させる他、外部ウェブページへのリンク時に AMP 版が存在する場合は、AMP 版にリンクするなどの対応を予定してしているとのことです。

インストールするプラグイン

早速ですが、こちらに対応するに際して、インストールするべきプラグインをリストアップします。

AMP

WordPress公式が公開しているプラグインで、まずはこちらをインストールします。これをインストールすることで、URLの各記事の末尾に/amp/と入力することでAMPページが表示されるようになります。

Facebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrog

AMP対応のコンテンツ向けにサイトロゴの設定やフォントスタイル、そして解析ツールや広告などの挿入を簡単に行えるプラグインです。インストールはこちらからどうぞ。

Glue for Yoast SEO & AMP

WordPressでサイト運営を行われている方に人気なYoast SEOですが、YoastがAMP向けにリリースしているプラグインになります。インストールはこちらからどうぞ。

Related Post

【動的検索広告】機能概要とメリット・デメリット... 本日はGoogleのリスティング広告の機能である、動的検索広告についてご紹介致します。GoogleのDynamic Search Ads、DSAとも呼ばれる動的検索広告ですが、この自動化ツールの機能概要やメリット、デメリットを挙げてみました。 機能概要 Googleがウェブサイトの情報か...
キーワード選定の幅が広がる? Google AdWords「DFSA」活用法... 2016年9月末より、Googleが「DFSA(検索広告向けデモグラフィックターゲティング)」を全アカウントへ提供開始しました。DFSAに関する注意点と効果的な活用方法を検証してみました。 DFSA(検索広告向けデモグラフィックターゲティング)とは Googleのデモグラフィック(ユーザ...
不要なインデックスを消し検索結果に表示したいページを上げる方法... SEO上、とあるキーワードにおいて、本来Googleの検索結果に表示したいページではなく、意図しないページが表示されることがあります。また、過去に行ったキャンペーンページや、内容の薄いページが上がってしまうことにより、獲得できるはずのアクセスを逃してしまうこともありがちケースです。果たして不要なイン...
WordPressで公開前の記事を共有するには?... WordPressで運用しているウェブサイトにて、非公開の投稿を関係者に共有して事前確認して欲しい時など、皆さんはどうされていますか?PDFにエクスポートしたり、スクリーンキャプチャなどで苦労されている方も多いはず。今回ご紹介するプラグイン「Public Post Preview」で簡単に共有が可能...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう