次期iPhone 8のTouch ID、今度は側面の電源ボタンへ移行?

次期iPhone 8の発表まであと数ヶ月といったところですが、ここにきてiPhone 8のレンダリングがケース製造メーカーからリーク、現行モデルとは異なる大きな電源ボタンやロックボタン、縦に並んだデュアルカメラレンズ、そして長く噂されていた背面パネルからTouch IDが消えています!

こちらが前面パネルのレンダリングですが、ベゼルが最小限まで抑えられていることに加えて、物理的なホームボタンの姿がなくなっていることが確認できます。また、上部に配置された複数のセンサーですが、虹彩認証が新しく搭載されることで、指紋認証などを行わなくても、画面ロックなどの解除が可能になるというもの。

加えて、画面の下部分ですが「ファクション領域」となっており、アプリケーションや環境に応じて、音楽のコントロールやブラウザーのツールバーなど様々なコントロールやラウンチャーなどがシーンに応じて表示されるようになっているようです。

Credit: iDrop News

これは新型MacBook Proモデルより搭載となっているTouch Barに似ているイメージでしょうか。

 

背面パネルを見てすぐに気付く点といえば、2つのデュアルカメラレンズが今回縦に並んだ形で配置されていることでしょうか。iPhone 7 Plusモデルでは、横並びに配置されたレンズは、広角と望遠の2構成となっていましたが、今回のレイアウト変更は、同社が強く推進する拡張現実であるARを利用する際の利用シーンとして、iPhoneを両手で横に持って使うことを前提として最適化させた、と見られています。

 

そして一番のポイントとなるのが、正面から見て右側面に位置する電源ボタンの大きさです。現行モデルなどと比較すると、大きくなっている事が確認でき、予想としては電源ボタンにTouch IDが搭載されるのでは、と見られています。

次期iPhone 8ですが、初代iPhoneが世の中にデビューしてから10周年を記念するモデルとなることもなり、5.1インチのOLEDパネルに加えて、虹彩認証センサーやワイヤレス充電機能とフラグシップモデルとなる予定ですが、価格もそれに見合った1,200ドル前後になるのではとも言われています。数量もかなり限定のようなので、発売日での入手はかなり困難とされるこのモデル、皆さんはどうされますか?

発信元:AppleInsider

関連お勧め記事

次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズの量産がいよいよ開始へ!OLEDパネルの供給が難航し... いよいよ発表まであとわずかとなった次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズですが、9月の販売開始に向けて3つのモデルとも量産体制に入ったとのことです!iPhone 8で採用される予定のOLEDパネルの供給が難航しているとも言われており、販売当日はかなり台数が限定されるとも。...
Apple、拡張現実であるAR搭載メガネのプロトタイプを開発中?スナップ動画が撮影可能なSpecta... 次期モデルであるiPhone 8の発表が近づくにつれ、様々なリーク情報などが飛び交うApple界隈ですが、今回はAR・拡張現実をサポートするメガネのプロトタイプを手がけているという情報で盛り上がっています!機能的なイメージとしては、Snapchatが発売中のスナップ動画が撮影できるサングラスSpec...
次期iPhone 8と思われるデバイスのリーク写真が公開に!前面パネルはボタンが一切ない液晶ディスプ... 今年の9月に発売が予定されている次期iPhone 8ですが、発表のタイミングが近づくにつれ色々とリーク情報などが溢れていますが、今回次期モデルと思われる前面及び背面のリーク写真が公開されました!ホームボタンが排除された前面パネルは一面液晶パネルで期待が高まります!...
次期iPhone 8に加え、iPhone 7s/7s Plusの金型写真がリーク!... 今年の秋に発売が予定されている新型iPhoneシリーズのiPhone 8、並びにiPhone 7s/7s Plusですが、今回3つのモデルの金型と思われる写真がリークし、各々の大きさなどがより詳細に比較できるようになっています!...
次期iPhone 8のモーションセンサー、サプライヤーとして独ボッシュ社が加わるとのこと!... 今年の後半に予定されている新型iPhone 8関連のリーク情報や噂が絶えませんが、ここにきて、ドイツに本拠地を持つボッシュ社が新型iPhone 8向けのモーションセンサーのサプライヤーとなることが決定したようです!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で