iPhone 6の次期モデルに、画面サイズを4インチにした6s miniを新しいラインアップとして検討中?!

iPhone 5から続いていた「4インチ」というサイズを一回り大きくさせた、iPhone 6の「4.7インチ」モデルですが、ここにきて2015年に予定されている次期モデルでは、「4インチ」サイズを新しいローエンドモデル「iPhone 6s mini」として復活させるのでは、という噂が流れ始めています!

Cowen and Company(ウェブサイト)のアナリストであるTimothy Arcuri氏によると、アップルが新しい4インチモデルのiPhoneに着手しており、2015年のデビューを予定しているとコメントしてます。このモデルですが、「iPhone 6s mini」とされ、スペックに関してはiPhone 5sと非常に似ていること、またデザインに関してはiPhone 6や6 Plusで採用されている、丸みをもったラウンドデザインになるだろうとのことです。

加えて、この「iPhone 6s mini」モデルはローエンド向けということで価格を抑えた形になることが予想されており、Qualcommからローエンド向けにデザインされたコンポーネントが採用されるのでは、としています。

 

やはり一回り小さい、4インチモデルは人気?

最近のスマートフォンのトレンドとなっている、スマートフォンとタブレットの中間的なサイズである「ファブレット」に沿う形でリリースされたiPhone 6とiPhone 6 Plusですが、アップルは必然的に片手での操作が容易ではなくなることを見据えた上で、「Reachability」という概念を元に、ホームボタンを軽く2回タップすると画面全体が下にスライドする、といった工夫がされてきました。

10567-2934-5sreach-l

 

iPhone 6、iPhone 6 Plusで採用されているReachabilityのデモ

 

とはいうものの、やはりユーザーとしてはワン・ハンド・オーペレーションができるサイズである4インチモデルを切望する層も少なくはなく、アップルはそれに応える形で今回新しいモデルのラインアップを加えることを検討しているとされています。

 

当サイトでも、iPhone 6やその他スマホなどの画面サイズに関する読者アンケートを実施していますが、人気なのは画面サイズが比較的小さいタイプということもあり、この「iPhone 6s mini」ラインアップの登場によって、2015年のスマホ市場に多少なりともの影響を及ぼしそうです。

 

発信元:Apple Insider

 

関連お勧めアイテム

[amazonjs asin=”B00NRXNAXG” locale=”JP” title=”【国内版SIMフリー】 iPhone 6 64GB ゴールド 白ロム Apple 4.7インチ”]

[amazonjs asin=”B00HK54BA8″ locale=”JP” title=”IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 ナノSIM”]

関連記事:  61%が通話定額不要?楽天でんわにティーザーサイトが登場!

[amazonjs asin=”B0078IOG70″ locale=”JP” title=”【日本正規代理店品】mophie juice pack powerstation – (PRODUCT) RED プロダクト レッド MOP-BY-000011″]

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で