Apple Watchの最新版OSであるWatchOS 2がいよいよリリースに!

本日21日、満を持してのリリースとなるWatchOS 2が一般向けに公開になりました。ネイティブアプリのサポートや文字盤の新しいデザインの追加、そしてナイトスタンドモードなどが新しく追加されています!

待ちに待ったネイティブアプリのサポート!

当初はiOS 9のリリース日と同日の9月16日に予定されていましたが、メジャーなバグの修正のためリスケジュールとなった形です。

今回新しくリリースされたWatchOS 2ですが、開発者向けに数多くの新機能が追加されています。今までのようなiPhoneがメインとなっていた仕組みから、今度はAppleWatch単体で動作することが可能なネイティブアプリサポートや、Taptic Engine、Digital Crown、加速度センサー、心拍センサー、スピーカー、マイク等にアクセスできるようになりました。

timelapsewatchfaces-800x297-2

 

加えて、今回文字盤の新しいデザインとして各都市の綺麗なタイムラプラスが加わったり、自分の写真やアルバムを壁紙として設定できるようになりました。加えて、コンプリケーションに追加できるモジュールも新しく加わり、例えばユナイテッド航空のフライトスケジュールをチェックすることが可能に。Digital Crownを回してまるでタイムトラベルのように明日のスケジュールをチェックできることもできるようになりました。

WatchOS 2へのアップデートですが、iPhoneの「Watch」アプリから「一般」-「ソフトウェア・アップデート」にて更新できます。

apple-watch-watchos-2

発信元:MacRumors

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で