Apple関連のアナリストでお馴染みのKGI証券Ming-Chi-Kuo氏ですが、彼を含めた複数の情報筋によれば、Appleのラップトップの最上位ラインアップであるMacBook Proの新モデルが、今年2016年第4四半期を目標としてリリースが予定されており、メモによれば新しい12インチMacBookの様に、より薄くより軽いデザインを採用し、Touch IDの搭載に加えて、なんと有機ELディスプレイがキーボードの一部として採用されるとのこと!
macbook-pro-retina-mf840lla

有機ELディスプレイがキーボードにも?!

Kuo氏のレポートによれば、このMacBook Proの新モデルはAppleにとって2016年の中で大きな輝かしい発表となるだろうとしており、ラインアップとして13インチと15インチが用意されるとしています。

この有機ELディスプレイですが、タッチバーとして横長にレイアウトされることを想定しており、ちょうど現在物理的なキーボードとして配置されている最上位のファンクションキーの位置がこのタッチバーに置き換わるようなイメージとのこと。加えて、USB-CサポートやThunderbolt 3対応が予定されています。

さらにKuo氏によれば、現行の新しい12インチMacBookに加えて、13インチモデルも加わることや、MacBook Airモデルはエントリーモデルとしての位置付けとなり、MacBookシリーズがミドルレンジ、そしてMacBook Proシリーズがハイエンドモデルという形になるようです。

teenage-group

既にニュースとして取り上げられているとおり、Appleは手元のiPhoneのTouch ID機能を利用して、MacBookのロック解除を行うような仕組みを検討していますが、今回のニュースによればMacBook自身にTouch IDセンサーを搭載させる可能性もありそうです。今年の6月13日~17日米国サンフランシスコにて開催される予定のWWDCでは、コードネームが「Fuji」と呼ばれているOS X 10.12にてSiriとの連携が発表される予定ですが、このMacBook Proに関する発表も行われるか、とても気になります。

それにしても、有機ELディスプレイがキーボード側にも搭載されるということですが、今画面の明るさや音楽再生のコントロール、そして音量調整などがこのファンクションキーで行えるようになっている部分がディスプレイになることで、起動しているアプリの切り替えやラウンチャーアイコン、そしてメッセージやメール、カレンダーなどの通知情報なども表示されるようになると便利そうですね!

発信元:9To5Mac

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で