【カメラ・価格編】12.9インチiPad Proと9.7インチiPad Pro。あなたならどちら?

今回新しく加わった、9.7インチiPad Pro。ジャンボサイズとも言える12.9インチiPad Proと比較した時、スクリーンサイズを除いてほぼ同等のスペックとなっていますが、皆さんはどちら派ですか?2回目となる今回は、カメラや価格に焦点を当てて各々のモデルの特徴を取り上げたいと思います。

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

ハードウェアスペック

12.9インチ及び9.7インチの両モデルにて、Smart Connectorがサポートされており、対応するApple純正Smart Keyboardなどを使用して快適なタイピング環境を構築することができます。

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

また、4スピーカーオーディオも両モデルに搭載されていることで、ゲームや動画を大音量で堪能することができます。

カメラ

カメラに関しては、12.9インチモデルの背面カメラが800万画素、前面カメラが120万画素であることに対して、9.7インチiPad Proは背面カメラが1200万画素とiPhone 6sやiPhone SEと同等、前面カメラが500万画素と自撮りのセルフィーを撮るには最適なスペックです。今まではiPadで写真を撮ると、クオリティにガッカリすることが多々ありましたが、今度からはより気軽にいろんなシーンで活躍しそうですね。

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

価格帯

ここが今回の悩ましいポイントとなっています。Wi-Fiモデルシリーズの32GBが66,800円(税別)という価格設定になっており、今までの9.7インチiPadシリーズの中で一番高い値段設定になっています。

また、12.9インチiPad Proに関しては、Wi-Fiモデルシリーズの32GBが94,800円(税別)からとなっていますが、ラップトップの代わりというポジションであれば、最低でも128GBは欲しいところで、価格も112,800円(税別)と約2万円ほどアップする計算になります。

加えて、Apple純正のApple Pencilは11,800円 (税別)、またSmart Keyboardは16,800円(税別)で、周辺アクセサリーとして約3万円近い計算にも。

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

もし、Smart KeyboardやApple Pencilに加えて、今回最新版のA9Xチップ、True Toneディスプレイ、4スピーカーシステム、さらにはアップグレードされたカメラはいらない!というユーザーは、依然iPad Air 2をチョイスする、という選択肢も残されています。価格帯もWi-Fiモデルシリーズの16GBで44,800円(税別)とお手頃なプライシングとなっており、9.7インチiPad Proと比較すると、2万2000円もお買い得です。

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

iPad Air 2には一世代前となるA8Xチップが搭載されていますが、RAMに関しては9.7インチiPad Proと同じ2GBであることや、Touch IDの搭載、またApple Payもアプリ内課金(店頭は非サポート)でサポートされています。

やはりApple PencilやSmart Keyboardを日常的に使用したいというユーザーには、持ち運びが容易にできる9.7インチiPad Proをお勧めします。

まとめ

今回の9.7インチiPad Proの登場により、今までのiPadファミリーの中で一番悩むラインアップと言えるのでは?ラインアップは、iPad mini 4、iPad Air 2、9.7インチiPad Pro、そして 12.9インチiPad Proとなっていますが、どれも特徴のあるタブレットで各々のモデルが求められる環境や用途に対応できるサイズ感や機能を提供しています。

関連記事:  懐かしのフロッピードライブ64台で奏でる、スター・ウォーズのテーマはとてもアナログで感動的!

apples 97 ipad pro vs 129 ipad pro which choice is right for you part 2

その中でも、9.7インチサイズであるiPad Air 2のプライスは、Wi-Fiモデルシリーズの16GBで44,800円(税別)となっており、iPad Proはちょっとオーバースペックかなと考えているユーザーには、とても魅力的なエントリーモデルとなっています。

また多くのユーザーにとってきになる、「果たして完全なるラップトップとの置き換わりとなるかどうか」ですが、今後のiOSの進化に期待するところが多く、現状ではパソコンとの「使い分け」がまだ必要なのではと考えるユーザーが多数を占めるようです。

既に他の記事でも取り上げましたが、今回の9.7インチiPad Proのディスプレイは今までの他社を含めたタブレット界で最高品質となっていることもあり、このサイズ感でApple Pencilが使えるようになったこと、またカメラが1200万画素にアップグレードされたことは、9.7インチモデルを一押しする大きなポイントになると思います。

自分のユースケースをよく考えて、何と言っても13インチに迫る画面サイズや作業領域を求めるのであれば、やはり12.9インチモデル一択ですが、その際はSmart Keyboardの購入をお勧めです。

発信元:AppleInsider

[socialpoll id=”2351016″]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で