ここ最近ネットで賑わっている、iPhone 6のiTunesリストア中に表示される謎のエラー「Error 53」ですが、どうもこれが表示されると中身の写真や連絡先といったデータはともかく、iPhone 6自体が利用不能になってしまうようです!でもどうして?

原因はホームボタンの修理?

頻繁に使うiPhoneのホームボタンが、長く使っていると反応が悪くなったり全く効かなくなって修理に出した経験をお持ちの方も多いはず。既にご存知の通り、iPhone 6より指紋認証であるTouch IDが搭載されたことで、セキュリティ関連が強化されており、アップルストア、またはアップル正規サービスプロバイダ以外で提供されているTouch ID搭載のホームボタンを交換した場合、まだ明確にはされていませんが本体で保有していたTouch IDセンサー情報と異なる部品が確認された場合、「Error 53」となり、本体のデータ吸出しはおろか、iPhoneとして機能しなくなるとのこと。

関連記事:  iTunesでの見慣れないエラー53って何?iPhoneのホームボタン修理の際はご注意を!

error 53 home button iphone brick

因みにTouch IDが搭載されているiPad mini 4やiPad Air 2、さらにはiPad Proもホームボタンの修理方法によってはこうした問題が発生する可能性が高いと考えられます。

ついうっかりiPhoneを落としてしまって、画面割れ等で安く修理をしてくれるお店を探したりすることもあると思いますが、まずはアップルストア、またはアップル正規サービスプロバイダでの修理を強くお勧めします。なお、お店の情報はApple社ウェブサイト(こちら)から検索できます。

発信元:MacRumors

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で