iPhone 7シリーズの噂を一挙にまとめ!IPX7防水にFeliCa対応、5色展開や最新A10チップ搭載とてんこ盛り?!

いよいよ今週7日(水)に迫った、Appleスペシャルイベントにて発表予定のiPhone 7シリーズですが、KGI証券アナリストがiPhone 7シリーズの詳細な最新の調査レポートを公開し、大きな特徴となるポイントをまとめています。待望のIPX7防水に加えて、日本市場向けのFeliCa対応、5色展開や最新A10チップ搭載とてんこ盛り?!

iphone-7-video

iPhone 7シリーズの大きな特徴点

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏がiPhone 7シリーズに関してまとめた詳細レポートでカバーしている大きな特徴をまとめてみました。

デザイン

デザインに関しては、現行モデルであるiPhone 6sと大きな変更がないため、見た目からは違いが分からないだろうとしています。

iPhone-lsa-pic-3

A10チップの採用

今回はTSMC社が全て供給する形で、2.4〜2.5GHzで動作するとしています。なお、想定としては、バッテリーの消費電力を抑えるために、それ以下のクロックで動かす可能性もあるということです。

ストレージ容量

iPhone 7、並びにiPhone 7 Plusの両モデルでは、一番小さい容量が32GBからスタートし、128GB、そして256GBといったラインナップになる予定です。iPhone 7 Plusに関しては、3GB DRAMとデュアルカメラが採用される見込みで、iPhone 7のRAMは2GBにとどまるとのこと。

iphone-7-earpods

カラー展開

現行モデルでも展開している、シルバー、ゴールド、ローズゴールドですが、今回よりスペースグレーに変わって、もう少し黒みが強いダークブラックが、そして新たにピアノブラックが加わる予定です。下記はMACお宝鑑定団で掲載された新色のモックアップ及びSIMトレイの写真となります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

gloss_black_iphone_sim_tray

MACお宝鑑定団

IPX7防水機能

既にApple WatchのスペックとしてIPX7防水仕様になっていますが、今回のiPhone 7シリーズより待望のIPX7防水対応になるということです。これで、思わず水がかかってしまったり、お風呂場での動画鑑賞や、プールサイドでうっかり水に浸かってしまった、という場合でも安心ですね。

3.5mmヘッドフォンジャックの廃止

先日のiPhone 7 Plusの仕様表と思われる写真のリークで明らかになりましたが、今回のモデルより3.5mmヘッドフォンジャックが廃止となり、付属のEarPodsヘッドフォンはLightning端子に変更となります。「え?今まで使ってたヘッドフォンは?」という方のために、3.5mmヘッドフォン – Lightningの変換ケーブルもしっかり付属するようです。その分、スピーカーも両サイドのステレオ対応となったことで、ゲームや動画などをより迫力で楽しむことができそうです!

iPhone-7-speaker-grille-closed-off

ホームボタンの変更

現行モデルである物理的なボタンがベースとなっているホームボタンですが、iPhone 7シリーズでは、感圧タッチ採用により、電源をOFFにしている場合は普通の円状プレートが、バイブレーションの振動を生み出す「Heptic Engine」によって「押した感触」を作り出す形に変更されるとしています。この変更が、今回のIPX7防水の対応を可能にした大きな変更の一つであると言われています。

Plusモデルはデュアルカメラ搭載に

Plusモデルで大きな期待が寄せられているデュアルカメラ搭載ですが、これにより端末のコストがiPhone 7と比較して約40ドル上乗せになると言われており、結果現行モデルであるiPhone 6s Plusと比較して価格が上がることが予想されて言います。iPhone 7 Plusで採用されるデュアルカメラレンズですが、両方とも1300万画素で、一つは広角レンズでより大きなピクセルサイズ、光学手ブレ補正機能搭載になり、もう一つは望遠レンズになるとしています。

dual_camera_photo

FeliCa NFCサポート

これは日本のiPhoneユーザーにとって待ち望んでいた昨日ですが、FeliCaがサポートされると言われており、これによりモバイルSUICA等がiPhone上でも利用可能になるとしています。

まとめ

今回のレポートを公開したKuo氏ですが、iPhone 7シリーズの出荷台数はiPhone 6sシリーズを下回るだろうとしており、去年の年間出荷台数である8200万台から6000〜6500万台に落ち込むとしています。またIPX7防水機能が、製造ライン上での追加となる要求を満たすための対応で歩留まりの課題が残っており、大規模な製造に移行できたのは8月後半になってから、ということです。

関連記事:  CES 2015にてSonyが行うカンフェレンスは、今回USTREAMにてライブ中継が決定!

いかがでしたか?日本時間で翌日8日午前2時となるこのAppleスペシャルイベントですが、恒例のライブ放送が行われます。当日は当サイトのライブチャンネルである@spotryme_liveにてリアルタイムにツイートする予定です。皆さんも今から体調の方を整えて当日はしっかりと夜更かししましょう!

logo-1000x1000-livech

発信元:MacRumors

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

13インチRetinaディスプレイ搭載の新型MacBook Air、当初よりローンチがずれ込む見通し... 長らく噂され続けている、13インチのRetinaディスプレイ搭載の新型MacBook Airですが、ここにきて予想されていたWWDCのタイミングより少し先となる、第3四半期にずれ込むのでは、とされています。最新のIntel ノートブック Processorを搭載されるこのモデル、買い替えを控えていた...
新型iPhone SE 2はiPhone Xの様なベゼルレスとなる4.2インチディスプレイの採用、ワ... 長く噂されてきた新型iPhone SEですが、ベゼルレスな4.2インチの画面サイズに加え、背面がガラスベースのデザインになったり、ワイヤレス充電が採用されること、加えてホームボタンと3.5mmイヤフォンジャックは廃止となる可能性が浮上しています!...
新型iPad ProはFace ID搭載で、6月開催されるWWDC 2018にて発表か?大幅なパフォ... 噂が続いている新型iPad Proですが、新機能としてFace IDが搭載され、ホームボタンの廃止、発表は6月に開催されるWWDC 2018にて行われ、発売開始は2018年第2四半期になるようです。気になるパフォーマンスや価格帯は?...
今年の新型iPhone Xシリーズは3つのタイプ、新色でゴールドが追加となるようです... ハイエンドスマホであるGalaxy S9シリーズやXperia XZ2シリーズなどが随時発表され、非常にネットなどで盛り上がりを見せている中、今年の秋に発表されるとする新型iPhoneシリーズに関する最新ニュースが飛び交っています!Face IDを搭載したことで有名なiPhone Xですが、新型モデ...
iOS 11.1が公開に!新しい絵文字の追加やWi-Fiの脆弱性セキュリティパッチが含まれています... 先ほどAppleがiOSの最新版となる11.1がリリースされ、70以上の新しい絵文字が追加されたことに加えて、マイナーアップデートとして3D Touchを使ったアプリスイッチング機能が復活したことや、世界中の大きな話題となったWi-Fiの脆弱性の修正が行われています。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で