いよいよ発表まであとわずかとなった次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズですが、9月の販売開始に向けて3つのモデルとも量産体制に入ったとのことです!iPhone 8で採用される予定のOLEDパネルの供給が難航しているとも言われており、販売当日はかなり台数が限定されるとも。

今回明らかにしたのはDigiTimesで、情報筋となるサプライチェーンによれば、iPhone 7sやiPhone 7s Plus向けのディスプレイの供給は問題ないものの、OLEDが新しく採用されるとするiPhone 8へのOLEDパネルの供給が追いついていないとのこと。その要因ともされているのが、クライアントからの高い要求レベルになるようで、サプライヤー側は製造に難航しているようです。

Appleの主なサプライヤーであるFoxxcon社やPegatron社、またWistron社は、次期iPhone シリーズの発売開始に伴い、各々9月〜12月の売上が大幅に向上するとみている中で、Samsungも7本のOLEDパネル向けの製造ラインをフル稼働させ、iPhone 8向けに量産していると言われています。

iPhone 8の入手はかなり困難に?

最近のKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が述べたところによれば、iPhone 8の最終工程テストが8月末辺りから開始され、量産体制に入るのは9月の半ば頃になるのではとしています。加えて、今回新しく発表される3つのモデル、iPhone 8、iPhone 7s、そしてiPhone 7s Plusは、プレス向けイベント同日に全て発表され、購入可能な日は3モデルとも一緒になるだろう、とのことです。当然のことながら、OLEDディスプレイを搭載しているiPhone 8は、販売台数がかなり限られることもあり、発売日当日の台数としては200万台から400万台になるのでは、としています。

つい先ほどSonny Dickson氏にてリークされた下記の画像ですが、3つのモデルであるiPhone 8、iPhone 7s、そしてiPhone 7s Plusが並んで配置されており、各々3台とも背面パネルがガラス加工されていることを確認できます。新しく機能が搭載されるとするワイヤレス充電も、このガラスパネルが採用されたことにより恩恵を受けたと言えます。

画面サイズですが、左より5.5インチのiPhone 7s Plus、4.7インチのiPhone 7s、そして最後に5.8インチと思われるiPhone 8となっており、iPhone 8のみデュアルレンズ構成がPlusと比べて、縦にレイアウトされたデザインとなっています。これは、前回取り上げた拡張現実・ARに最適化された変更とみられています。

関連記事:  Apple、拡張現実であるAR搭載メガネのプロトタイプを開発中?スナップ動画が撮影可能なSpectaclesに似ているとも

発信元:MacRumors

kirakira+
kirakira+
Developer: bytes inc.
Price: ¥120
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot
  • kirakira+ Screenshot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で