Galaxy Sシリーズの最新スマホであるGalaxy S8ですが、不安要素とされているバッテリーの品質に関しては、今回ソニーがサプライヤーとして加わる様です!なお、ローンチイベントは4月にニューヨークで開催されるとか。

aFnyzQT

Galaxy Note 7のグローバルなバッテリー問題に頭を悩ませているSamsungですが、Galaxy Note 7のバッテリーはSamsung SDI製が65%、また中国メーカーであるATL製が35%であるとしています。

最新モデルであるGalaxy S8にて、依然問題があったとされるSamsung SDI製、並びにATL製の使用を続ける様で、今回加わるソニー製に関しては数パーセント程度になるのでは、と言われています。ユーザーとしては不安が残った形になりますが、ATL社のバッテリーは、Appleや今回新しくリリースされるNintendo Switch等でも採用されています。

MWCでは、Galaxy S8のローンチイベントなし?

今までの恒例として、SamsungはMWCの会場にてプレスイベントを開催し、その場でGalaxy Sシリーズのデバイスを発表してきていますが、今年はちょっと事情が異なる様です。噂によれば、韓国メーカーがスマホやタブレットのデバイスの品質管理を徹底するために、今まで以上にプロダクトローンチに時間が掛かっているのだとか。

この問題もあり、恒例のGalaxy Sシリーズの新発表をMWCで行わないのでは、と見ています。また、情報筋によれば、Galaxy S8のローンチイベントはニューヨークにて今年4月に行われると見ており、MWCではGalaxy S8のローンチの日付のみが明らかにされるだろうとのことです。

発信元:Technobuffalo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で