キアヌリーブスの目がぐるぐると動いてる!実はこれ、人工知能のデモです。

人工知能ですが、ここ最近Google DeepMindのAlphaGoが囲碁で驚異的な勝敗率を見せたり、撮影した写真を笑顔にしてくれたり、投資のアドバイスをしてくれたり、といった事で話題になっていますが、今回は静止画の人物の目をグルグルと動かしてくれます!実はこれ、DeepWarpのデモなんです。

keanu-eye-ai-deepwarp

今回のデモは、人工知能に関わるメンバーであるYaroslav Ganin, Daniil Kononenko, Diana Sungatullina, and Victor Lempitskyが開発したもので、名前はDeepWarpというもの。こちらが実際にキアヌ・リーブスの写真で試した目の動きとなっています。何だかものすごくグリグリ動いてますね!

実際にこちらのページで、PNG / JPGの画像をアップロードしてちょっと待つだけです。ボタンですが、「Let’s roll!」は目をグルグル、「Let’s scroll!」は目を縦に、「Let’s cross!」は寄り目に、そして最後の「Let’s shift!」は目を左右に動かすことができます。

deepwarp-demo

今回のデモのベースとなっている実際の論文やサンプルなどはこちらのページから確認できます。なお、出力のビデオ形式がGoogleが提供するwebM形式となっていますので、結果が表示されない場合はChromeで試してみてください。

deepwarp-demo-samples

このソリューション、果たしてどんなシーンで活躍するのか。レポートによれば、例えばビデオ会議のようなシーンで、実際に見ている画面とカメラの位置が異なる場合や、レポーターがカメラ目線と現場を見ながら中継してるようなシーンで活用できるとのこと。

グループ写真などを取る時、必ずといっていいほど誰かがレンズを見ていない!なんてことがあったりしますが、今後はそういった心配がなくなるかも?!これからの人工知能の活躍にますます期待ですね!

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

 

関連お勧め記事

人工知能で自宅のエアコンをアップグレード!Ambi Climate 2は日本語にも対応... 真夏の蒸し暑い日など、自宅のエアコンの温度調整やON/OFFなどとても面倒だったり、外出中に自宅のエアコンをONにして帰宅時に涼しい室内にしておきたい時などありますよね。幼児やペットを室内で飼っている時などは特に室温などに気を配る必要があります。クラウドファンディングKickstarterでは、デバ...
Googleの人工知能「DeepMind」、唇を見て何を喋っているのかすべてお見通し!人工知能のリッ... 日本語では「読話」や「読唇」と言われる、リップリーディング。窓際とか遠くにいる人が何を話しているのか、唇の動きを見て会話の内容を把握するというものですが、今回囲碁の勝負でプロ棋士に勝った事で一躍話題になったGoogleの人工知能「AlphaGo」やオックスフォード大学が開発した「LipNet」が人間...
Facebookは機械学習や人工知能を使って次レベルな人口統計マップを作成中?... ユーザー15.9億人にも及ぶFacebookですが、現在膨大なコンピューターリソースを使い、次なる人口統計マップを作成中とのことです!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で