KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏によれば、iPhone6 4.7インチは依然今年秋に向けてスケジュール通りなものの、5.5インチの方が予定よりもかなり遅くなりそうだということです。

rumor iphone6 may delay“iPhone 6” and “iPhone 6c” concepts by Martin Hajek.

幾つか噂でもありましたが、今回のiPhone6の製造ラインで「Foxbots」という名の労働者代替型ロボットによって製造される(GIGAZINE)ということや、鴻海が過去最大となる10万人の従業員採用に向けて動き出している(日経新聞)、といったニュースが飛び交っていますが、やはりそれでも初回出荷台数を6800万台(iPhone5発売の時と比較して約2倍!!)と設定している需要は十分に賄えなさそうな感じです。また、この製造ラインはインセルのタッチパネル及びメタルケーシングに関して、画面サイズが大きいものがより影響を受けやすいとのことで、iPhone6 5.5インチの方が、アップルの期待するスケジュールに答えられないのでは、と言われています。

 

iPhone6 5.5インチモデルの想定されるシナリオとは?

今のところ、想定されるシナリオとしてはiPhone6 5.5インチモデルの出荷を2015年まで延期、もしくは2014年10月頃に小ロットのみ発売するのではないか、というのが有力なようです。iPhone 4.7インチモデルは、年末のホリデーシーズンまでにしっかり間に合うように調整し、また現行のiPhone5sやiPhone5cに関してもプライスダウンが行われる、と予想されています。

今当メディアで開催中のクイック投票、「iPhone6、あなたならどちらを選ぶ?」でも、5.5インチは全体の46.8%を占めるほど人気なこともあり、年末までに発売されないとなると、ガッカリするユーザーがかなり多そうですね。

 

クイック投票

[socialpoll id=”2209922″]

[socialpoll id=”2210169″]

 

appstoreアップルストア公式サイト

 

関連お勧めアイテム

 

関連記事:  【新製品】ロジクール、マルチデバイス対応なBluetoothキーボード K480を発表、ダイアルの切り替えで簡単にスイッチ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で