先日発表があった、マイクロソフトのSurface新モデルである、Surface 3が本日6月19日より発売開始となっています。4G LTEに対応ということもあり、いつも持ち運べるWindows 8.1として注目されています!

 

Surfaceファミリーの中で、史上最薄・最軽量!

Surface 3は、クアッドコアのインテルAtom x7 プロセッサー採用、ClearTypeフルHD+のマルチタッチディスプレイを搭載。ディスプレイのサイズは、10.8インチで、ボディはデザイン性の高いマグネシウム合金製となっています。また、アプリケーションも一般向けモデルではMicrosoft Officeが内蔵搭載されており、薄さは8.7mm、重量約622g(4G LTE モデルは約 641g)と、Surfaceファミリーで最も薄く、軽量とのこと。バッテリーの稼働ですが、最大10時間の動画再生が可能で、外出先や出張先でのビジネスユースに活躍してくれそうですね。
news microsoft surface 3 light weight thin model

Nano SIMスロット装備で気軽にネット接続OK!

Surface 3にはNano SIMスロットが装備されており、SIMカードを挿入することで4G LTE回線のパフォーマンスを十二分に楽しむことができます。既にマイクロソフトでは、ソフトバンクモバイル(ワイモバイル含む)のネットワーク相互運用テストの検証が済んでおり、格安SIMの中で高いコストパフォーマンスを提供するIIJmioもこちらでSurface 3の動作確認検証を行い、問題ないとのことです。

news microsoft surface 3 light weight thin model

気になるお値段は?

一般ユース向けには2つのモデルが準備されており、Surface 3の記憶容量が64GBのタイプで、81,800円(税抜き)、そして128GBのタイプで91,800円(税抜き)となっています。普通のタブレットのスペックだと物足りない、でもラップトップだと持ち運びが重い、といったユーザーにはかなりピッタリ来そうな予感です!

購入はこちらから

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で