Spheroを初めとし、大人の心を擽る「デジタルなおもちゃ」を次々とプロデュースし、世の中にリリースしているSphero社ですが、今回は何とスター・ウォーズとのコラボレーション商品となる、BB-8 App-Enabled DROIDを発表しました!

スター・ウォーズの新キャラがリアルな世界へ!

今回のBB-8ですが、ルーカスフィルム、コンシューマーグッツ、そしてスフィロ社の3社共同で誕生したプロダクトとなっています。ディズニーがインキュベーションビジネスとして展開する「Disney Accelerator」(詳細はこちら)の2014年の対象となった1社に選定(こちら)され、それ以降テクノロジーの力で身近に見えて体感できる、BB-8が誕生した形になります。

sphero bb8 droid star wars episode vii the force awakens collaboration

今回の発表会に合わせて来日した、スフィロ社Community ManagerのRoss Ingram氏ですが、「スター・ウォーズの映画が提供する素晴らしい世界観は、今までは映画の中だけにとどまっていたものが、今度はBB-8という形で映画を飛び出して実世界に誕生しました。ロボットではなく、ドロイド、いわば「相棒」として具現化しました。」と語りました。

Spheroとは異なり、BB-8にはカメラ付きヘッドがマグネットで装着されていて、コロコロ転がるとまるで頭を前に傾けながら進んでいきます。加えて、音声認識機能や自分でコースを作って自動パトロールをさせるような「パトロールモード」も新たに追加されています。

Ross氏との雑談で、「近い将来、火星とかに自分のBB-8を飛ばして地球からリモートで遊べるようになる日が来たら面白いね!」と盛り上がりました。

sphero bb8 droid star wars episode vii the force awakens collaboration

今回のBB-8ですが、販売店舗としては、代官山の「蔦屋」モバイルコーナー、ソフトバンク銀座店や表参道店等、家電量販店やAmazon等での取り扱いとなっています。

BB-8の走り回る様子

BB-8の可愛らしいリアクション

ARを活用したホログラム

スター・ウォーズ/フォースの覚醒はいよいよ12月末公開に!

12月18日に一斉公開される「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でも大切なキャラクターとなっているBB-8ですが、ルーカスフィルムがウォルト・ディズニーカンパニーに買収されてから初の作品ということや、「スター・トレック」映画版や「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の監督としてJ.J. Abrams氏が手掛けていることもあり、大変な期待が寄せられています。ハン・ソロ役のハリソン・フォードも出演するということで今からとても楽しみです!

購入はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で