スマホでは場所の検索や経路検索などでGoogle Mapsを毎日のように利用しているユーザーが多いと思いますが、友達との待ち合わせの時など自分のリアルタイムな現在地を相手に送れたらいいのに、というシーンもしばしば。近々Google Mapsがバージョンアップし、自分のリアルタイムな現在地だけでなく、到着時間なども友達と共有できるようになるようです!

google-map-share-location-01 設定はとても簡単で、メニュー画面から新しく追加される「Share location」をタップして、共有する相手や共有する期間を設定するだけ。

google-map-share-location-05

当然プライバシーが真っ先に気になりますが、今回の共有機能は限定された友達や連絡先相手のみに限定したり、時間も15分から最大3日間まで設定することが可能になっているようです。

01-share_location-light_gray_FINAL

また、車に乗り込んで目的地までナビゲーションを設定する際に、

google-map-share-location-02

リアルタイムな現在地情報や到着予想時刻などを友達などに共有することもできます。

google-map-share-location-03

共有を受け取った側ですが、友達のリアルタイムな現在地の情報だけでなく、経路のルート情報なども確認することができます。

google-map-share-location-04

実際の利用シーンはこちらから

これからの春の季節、お花見などで公園にて友達との待ち合わせがより容易になったり、「今どこ?みんなで乾杯したいんだけど、あとどれぐらいかかるの?」と言ったやりとりがよりスムーズになりそうですね!

発信元:Google Blog

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で