株式会社ロジクールが、キーボード一台で、スマホやタブレット、PC等との切り替えが可能な、「ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を、2014年9月12日よりからロジクールオンラインストアおよびロジクール製品取扱店にて発売する、と発表しました。

 

製品紹介ビデオ

 

製品の特徴

K480は、パソコン・タブレット・スマートフォンなど最大3つのデバイスをBluetoothで接続し、ダイヤルを回すだけで簡単な切り替えを実現、それぞれのデバイスでキーボード入力が可能になる“マルチデバイス”時代ならでは、といったキーボードです。また、キーボード自体にスタンド機能も備わっており、タブレットやスマートフォンなどのデバイスをスタンドとなるライン上のくぼみに「刺して」縦掛けることができます。

K480_BLACK_ENVIRO_72_dpi

各ショートカットにも対応

Windows・Mac・iOS・Androidなど、OSの種類を問わずにタイピングを楽しむことができ、各OSのショートカットキーに対応しています。例えば、Windowsのデスクトップでタイピングしている時に必須なスタートボタン、Macのコマンドボタン、iPhone/iPadのホームボタン等が使えます。

K480WH_top

気になるお値段は、ロジクールオンラインストアで税抜き3,980円。大きさですが、299mm x 195mm x 20mmとなっており、重さは815g。小さなスペースのデスクの上や、ちょっとしたダイニングテーブルでも十分に活躍してくれそうな大きさです。キー構造もパンタグラフなので、適度なキータイピングが楽しめそう。色ですが、ブラックとホワイトの2色が準備されています。

今はパソコンやスマホなど複数の端末を持たれている人も多いはず。パソコンでメールを作成している時に、iPhoneにメッセージが届いて、一時中断、なんてケースはしょっちゅうだと思います。アナログなダイアルで切り替えができるポイントはとても高そうですね。

ロジクール Bluetooth Multi-Device Keyboard K480の詳細はこちらへ。

 

購入はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で