iPhone 11 Pro vs. 15 Pro: アップグレードを予定しているユーザーが期待すること

iPhone 15 Proのローンチが近づくにくれ、沢山の噂が飛び交う日々ですが、今回はiPhone 11 Proと15 Proの比較まとめをお届けしたいと思います。

毎年発表され続けてきたiPhoneのアップデートは、毎回必ずしも大きな進化をもたらすわけではありませんが、何世代にもわたるアップデートが積み重なることで新機能が増えてきます。そのため、iPhone 15 Proは4年前のiPhone 11 Proを持つ人にとって、大きなアップグレードとなるでしょう。

以下のリストは、2019年以降に導入された主なiPhoneの変更点と、iPhone 15 Proで噂されている新機能をリストアップしてみました。

“iPhone 11 Pro対iPhone 15 Pro”

A17チップ対A13チップ:iPhone 14 Proの5nmベースのA16チップは、Geekbench 6ベンチマークによると、iPhone 11 ProのA13チップよりも最大72%高速です。iPhone 15 Proは、TSMCの最新の3nmプロセスに基づいて製造されたA17チップが搭載される予定で、前のチップに比べてさらに高速な性能と改善された電力効率が期待されます。

USB-Cポート:iPhone 15 Proで、AppleはついにLightningからUSB-Cポートに切り替えると予想されています。この変更により、より一般的な充電規格が提供され、有線データ転送速度が向上します。

チタニウムフレーム:Apple Watch Ultraと同様、iPhone 15 Proはステンレスの代わりにチタニウムフレームを採用すると噂されています。背面のガラスとディスプレイのベゼルも、わずかに曲がったエッジを持つと予想されています。

アクションボタン:iPhone 15 Proモデルは、Apple Watch Ultraのようなカスタマイズ可能なアクションボタンを搭載すると噂されています。このボタンは、2007年以来すべてのiPhoneモデルに含まれているRing/Silentスイッチを置き換えることになるでしょう。ユーザーは、Ring/Silent、Do Not Disturb、フラッシュライト、省電力モードなど、さまざまなシステム機能をボタンに割り当てることができると予想されます。

より大きなディスプレイ:iPhone 11 Proは5.8インチのディスプレイを搭載していますが、15 Proでは6.1インチのディスプレイが予想されます。

関連記事:  Appleのイベント「hello again」は10月27日に開催!日本時間は翌日深夜2時よりスタート!

より明るいディスプレイ:iPhone 15 Proのディスプレイは、iPhone 11 Proに比べて少なくとも200ニット高いピーク輝度を持つと予想されます。

ProMotion:iPhone 13 Proで導入されたProMotionは、スムーズな表示とスクロールを可能にする最大120Hzの可変リフレッシュレートを提供します。

Dynamic Island:iPhone 14 Proでは、AppleはノッチをDynamic Islandというピル形状のエリアに置き換えました。このエリアにはFace IDセンサーとフロントカメラが囲まれており、システムアラートの表示とLive Activities機能(ライブスポーツのスコア、Uberのライドのステータスなど)をサポートしています。

Always-On Display/常時表示ディスプレイ:iPhone 14 Proでは、Appleは常時表示ディスプレイを導入しました。これはロック画面全体を暗くし、時刻と日付、ウィジェット、壁紙、通知を常時表示します。iPhoneを持ち上げたり、画面をタップしたり、サイドボタンを押すと、画面の明るさが通常に戻ります。

Ceramic Shield:iPhone 12 Proで導入されたCeramic Shieldフロントカバーは、Appleによると、11 Proと比べて落下時のパフォーマンスを4倍向上させました。

より薄いベゼル:Apple Watch Series 7およびSeries 8と同様に、iPhone 15 Proはディスプレイ周りに超薄型のベゼルを持つと噂されています。

フラットエッジ:iPhone 11 Proのステンレスフレームは丸いエッジが特徴でしたが、Appleは12 Pro以降でフラットエッジに切り替えました。

バッテリー寿命の向上:既にiPhone 14 Proはオフラインビデオ再生で最大23時間持つようになっていますが、iPhone 11 Proは18時間と比べると、明らかに長持ちします。A17チップやLiDARスキャナーなどのコンポーネントが今年より省電力化されることが予想されるため、iPhone 15 Proはさらに長いバッテリー寿命を持つことができるでしょう。

関連記事:  【リーク】iPhone6のホームボタンとセンサー基板の画像?!新しいiPad AirもTouch ID搭載に?

カメラの改良:iPhone 11 Proから15 Proへのアップグレードを選ぶユーザーは、48メガピクセルのメインレンズ、オートフォーカス機能を強化したフロントカメラ、センサーシフト式画像安定化機能、3倍の光学ズームオプション、アクションモード、マクロモード、シネマティックモード、ProRAW写真、ProResビデオ、ナイトモードのポートレートとタイムラプスなど、これまでに追加された幅広いカメラのアップグレードを利用できるようになります。iPhone 15 Pro Maxには最大5-6倍の光学ズームが期待されています。

物理SIMからeSIMへ(米国内):Appleは米国で販売される全てのiPhone 14モデルから物理SIMカードトレイを取り除き、デバイスはeSIMのみで動作します。デバイスは他の国のSIMカードと互換性がありますが、噂ではiPhone 15モデルはフランスなどの国ではeSIMのみになる可能性があります。

RAMの増加:iPhone 15 Proモデルは、iPhone 11 Proの4GBに比べて、RAMが8GBに増加すると噂されています。RAMの増加は、複数のアプリを同時にバックグラウンドで開いてリロードなしで使用することが可能となるため、iPhoneのマルチタスキングに役立ちます。

Wi-Fi 6E:iPhone 15 Proモデルは、Wi-Fi 6Eをサポートすると噂されています。これは、標準のWi-Fi 6と比較して無線速度が速く、レイテンシが低く、信号干渉が少ない6GHz帯をサポートします。

衛星経由の緊急SOS:iPhone 14モデルはGlobalstar衛星に接続でき、携帯電話やWi-Fiの範囲外で緊急サービスにテキストメッセージを送信できます。このサービスはアクティベーション後2年間無料で、現在は米国、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、英国、ベルギー、イタリア、オランダ、その他の選択された国で利用可能です。

クラッシュ検出:iPhone 14シリーズで新たに導入されたクラッシュ検出は、重度の車両衝突を検出し、ユーザーが応答しない場合は緊急SOSを介して緊急サービスに連絡します。この機能はデフォルトで有効になっています。

5G:iPhone 11 ProはLTEに限定されていますが、iPhone 12以降は利用可能な場所でより速いセルラーデータ速度をサポートする5Gをサポートしています。

MagSafe:iPhone 12以降のモデルはMagSafeを搭載しており、AppleのMagSafeチャージャー、MagSafeウォレット、MagSafeバッテリーパックなど、iPhoneの背面にアクセサリーを磁気で取り付けることができるシステムです。

ストレージの増加:iPhone 11 Proはストレージが64GBから始まりますが、15 Proは少なくとも基本ストレージが128GBあります。

LiDARスキャナー:iPhone 12 Proで導入されたLiDARスキャナーは、背面カメラの隣に位置しており、Appleによれば、AR体験を高速化し、低照度の写真とビデオでオートフォーカスを6倍に改善します。

水耐性の改善:Appleは、iPhone 11 Proは最大30分間、水深4メートルまで防水できると述べていますが、12 Pro以降は最大30分間、水深6メートルまで防水できます。

関連記事:  まとめ: iPhone 15、全モデルでLightningからUSB-Cポートへの切り替えとなるか?

Appleは、iPhone 15 ProとPro Maxを9月に発表する予定で、これらのデバイスにはまだ噂されていない追加の機能があるかもしれません。

Source: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で