今年の後半9月辺りの発売が予想されている次期iPhoneとなる、iPhone 6sですが、今回背面ケースと思われるリーク写真が9to5Macによって公開されました!見た目は変更なしのようですが、中身がガラッと変わるようです!

 

外観はほぼiPhone6と同じ?

今回公開された写真を見る限り、見た目はiPhone 6とほぼ同等の様で、ケースの厚みや幅などが同じであるということです。今回のケースには、Lightning用のコネクター、スピーカー、マイクロフォン、ヘッドフォンジャック、ボリュームボタン、ミュートボタン、パワーキー、SIMカード用のスロット、アンテナライン、そして背面カメラ向けのホールとその隣のLEDフラッシュのものが並んでいる形です。これは今までのXsというマイナーバージョンアップの位置付けからした時には珍しくなく、見た目は一緒というのが恒例です。

iPhone-6s-1

なお、異なるであろうと思われる箇所ですが、中身のロジックボードが入るであろうレイアウトが大きく現行モデルとは異なる様で、これはiPhone 6s向けに新しいロジックボードが採用されるのでは、と見ています。実際、今回の次期iPhone 6sでは、A9プロセッサ、2GB RAM、感圧タッチセンサー、7000シリーズアルミニウム、そして1,200万画素にアップグレードした背面カメラといった豪華なスペックが予想されています。

iPhone-6s-2

今回の、現行モデルと比較して倍となる量のRAMが搭載されることにより、各アプリのタスクの切り替えがより高速になったり、アプリ開発者、特にゲームデベロッパー等からより高解像度なHDゲームがリリースされると期待されています。いずれにしても、続報を待ちたいところです!

発信元:MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で