8月6日にAppleがiOS ベータ5の配布を開始しました。現時点で確認できる、今回の主な変更点をいち早くお伝えします!主な変更点としては、米国AT&Tユーザー向けのWiFi通話機能や新しい壁紙の追加、そしてiPhoneのソフトウェアキーボードの改善など、盛りだくさんな内容となっています。

新しい壁紙セット

かなりな数の新しい壁紙イメージが追加されており、羽毛や植物などの美しい写真が選択できるようになりました。なお、今までの壁紙のイメージ画像は今後表示されないようになるようなので、今のうちに保存しておくことをお勧めします。

newwallpaper-800x600

米国AT&Tユーザー向けWiFi通話機能

今回のベータ5にて、米国のAT&Tユーザー向けとなるWiFi通話機能が追加されているようです。この機能は既に米国ではSprintやT-Mobileユーザー向けに提供されています(詳細はこちら)が、今回は新しくAT&Tも加わることになりました。あいにくこのオプション自体は有効にしてもサービスの方が対応していない旨のメッセージが表示されるようです。

wificalling-800x485

 

Apple Music

先日開始された、Appleが提供する音楽定額サービスで既に1,000万人以上が加入していると話題のサービスですが、今回新しく「マイミュージック」の楽曲、アルバム、ジャンルビューにて「全てシャッフル」する機能が追加されています。

iPhone向けキーボード改善

今回の改善では、シフトキーとバックスペースキーにより、シンプルな形になりました。

iphone6keyboardtweaks-800x191

ハンドオフ

今回のベータ5にて、ハンドオフ機能が更新されています。前回までは、「Handoffと候補のApp」の画面の中で、おすすめAPPをApp Storeから「現在地に関連するAppがロック画面およびAppスイッチャーに表示される」ようになっていましたが、今回からこのオプションが削除されているようです。

handoffoptions-800x402

認証

iPhoneやiPadなどのRegulatory info、日本では技適マークと言われているものですが、今までは「設定」-「一般」-「情報」-「法律に基づく情報」-「認証」で表示されていたところ、今回新しく「一般」-「認証」で表示がされるように変更になっています。

regulatorysection-800x600

CarPlay

CarPlayのインターフェースがアップデートされ、音楽再生コントロールの背景にイメージ画像がヒュジされたり、Apple MusicやBeats 1ラジオで再生中の楽曲にハートを付けることができるようになりました。

Siri Suggestions

今までのパワフルな検索機能として名付けられてきた「Spotlight」のプロダクトネームが、ベータ3以降「Siri」に大きくとって変わり始めていますが、今回のベータ5にてアイコンと共に表示されていた、「通話する」や「メッセージを送る」と言ったラベルテキストがなくなり、すっきりとアイコンだけのデザインとなっています。

sirisuggestions-800x328

WiFiアイコン

細かい変更になりますが、今回WiFiをOFFにした際に今まではバーが一つづつ大きいものから消えていたものが、WiFiアイコンがグレーにフェードアウトされるようになっています。

本記事にてベータ5の変更内容は随時アップデート中!

今年の秋の商用リリースに向けて、iOS9のベータ版はあと1回または2回ほどアップデートされると見ています。今回のベータ5にて現時点で確認されている主な変更点は上記の通りですが、確認を随時行い本記事のアップデートをしていきたいと思います。皆さんからのご報告もお待ちしております!

発信元:MacRumors

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で