今回のiPhone SEの発表以降、4インチ大ファンの方々はきっと興味津々だと思います。外観的には2013年9月に発売されたiPhone5sから2年以上経過したボディをそのままに、iPhone6sの高速なチップセットが入るというのはちょっと信じがたいですが、iPhone6の大きさが馴染めないでよく落としてガラスを割った人、また片手で操作がしたいと頑なにiPhone5を貫いた人には待望の端末の登場となったことと思います。

iphone-se-review-unboxing

感動は薄いけど開封の儀

さすがに同じ型の端末の開封の儀になんの感動もありませんが、念のため開けるところから。うーんいつもと一緒です。イヤフォンは新しい価値になったのはiPhone5のときだったでしょうか。記憶にないくらい昔です。

iphone-se-review-unboxing-2

iphone-se-review-unboxing-3

iPhone 5sとiPhone SEの見分け方 3つ

裏面見ないとわからないとか、色は新色のローズゴールドならiPhone SEとわかるとか言われていますが、確かにその通りです。新色ですし。iPhoneの刻印にSEの文字があればiPhone SEになります。

iphone-se-review-unboxing-4

そうじゃない、これで友達に自慢しましょう。ズバリ、金属フレームの縁が今回はかなりマットな仕上がりになっています。本体周りの金属フレームは、iPhone5ではダイヤモンドカットでキラキラ光るように削られていたのですが、マットになりました。写真は下の端末がiPhone 5sで、よく見ると音量の+-ボタンの周りですらキラキラしています。iPhone6からの流れでマットな金属加工がトレンドになったのでしょうか。

iphone-se-review-unboxing-5

ちなみにiPhone5と5sの差はタッチセンサーの周りの銀ブチくらいだと思われる方が多いと思いますが、iPhoneのロゴが5と5sの間で太めの書体から細めの書体に変更されているので分かります。

iPhone SE、5sスペック比較

あんまりスペック面で驚きの違いはありません。しかしながら重さについては今見直されすべき時期かもしれません。この時代にこの軽さ。5インチスマホが多くなっているので、150gくらいのスマホが主流です。iPhone 6s Plusのようなファブレットは200g弱と、昔のウォークマン(懐かしいカセットテープです!)の重さと同じレベルとなっています。

iphone-se-iphone-5s-spec-comparison

バッテリーは多少大きくなり、iPhone6sと比べても画面の大きさが小さい分、長く使うことが可能です。ただ最近のAndroidスマホは3,000mAhなど大容量端末が増えてきているので、もう少し大きくてもという願いは捨て切れませんが、逆に潔いとも言いましょうか。そんなにバッテリーに期待はしていません。通信はWi-Fiが802.11 ac対応で速度向上が期待できます!

ベンチマークテストの結果はiPhone 6s相当

下はAnTuTuベンチマークの平均スコアですが、果たしてiPhoneSEはどうだったでしょう。

iphone-se-review-unboxing-6まずは起動時間、iPhoneSEが24秒、iPhone5sが1分49秒で圧倒的にSEがはやいです。アプリの起動時間、Wi-Fiの通信速度ともにiPhoneSEがワンテンポ以上速いです。AnTuTu BenchmarkによるiPhone5sのスコアは130,000。iPhone5sが63,000で二倍以上のスコアとなりました。かなりイケてる!外観は変わらないけど、もう全くの別物です。

iPhone6sと同じ性能のカメラはどうだ!

同じ位置から撮った写真の比較をしてみました。

一枚目がiPhoneSE(ISO25 F/2.2 1/176)、二枚目がiPhone5s(ISO32 F/2.2 1/277)。曇りの屋外撮影。感度、シャッタースピードは自動ですが、同一場所から撮って差が出ました。iPhone 5sの方が暗めです。iPhone SEはけっこう明るめの印象。彩度も多少高く写るようです。モニタを見比べるとすこし色温度が低く暖色系の印象があります。

IMG_0074

iPhoneSE(ISO25 F/2.2 1/176)で撮影

IMG_5389

iPhone5s(ISO32 F/2.2 1/277)で撮影

一枚目がiPhoneSE(ISO200 F/2.2 1/24)、二枚目がiPhone5s(ISO250 F/2.2 1/24)です。暗所撮影では明らかにiPhoneSEの方がきれいにノイズが少なく写ります。やはり色が暖かめになるのはiPhoneSEです。

IMG_0070

iPhoneSE(ISO200 F/2.2 1/24)で撮影

IMG_5385

iPhone5s(ISO250 F/2.2 1/24)で撮影

スマホの画面では細部まで見れないのが残念ですが、通常画像を利用する際は縮小して使いますのでiPhone5sでも十分に満足できる画質とも言えます。

関連記事:  Foxconnの内部資料がリーク!iPhone6のサイズが明らかに?!

iPhone5sのレベルを保ちながら「画素数アップ」という正常進化。もともとカメラ性能はiPhone5sは高く、このサイトの写真もほとんどがiPhone5sで撮ったものです。レンズもセンサーも良い感じです。

逆にHUAWEI、ASUSの1000万画素超のスマホカメラでは、当然出力される写真の解像度は1000万画素を超えるのですが、細部の描写力に劣り拡大してよく見るとモヤモヤしていたり、ズームは荒く使い物にならないレベルでした。カメラの差はいつも使うものだから相当なストレスになるものです。今回のiPhoneSE、満足できると思います。

iPhone SEはこんな人にオススメ

iPhone6のサイズがしっくりこない人、何回も落とした人(筆者は3回画面を割りました)、片手で操作したい人、進化するのにでかくなるとは何事だと思っている人には、待望の端末。ぜひiPhoneSEを使ってみてください。驚きの性能差にびっくりしますよ。

発信元:Black House

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で