関連記事:  薄型PS4と、ハイエンド向けPS4 Proが正式発表!4K対応やより高速化されたGPUなど

ニューヨークにて9月7日に開催される予定の「PlayStation Meeting」ですが、その会場にて「プレイステーションのビジネスとPS4に関するアップデート」を発表するとしており、噂では薄型PS4とハイエンド向けとして知られるコードネーム「Neo」の2機種がデビューするとされています。当日はライブ放送が日本時間深夜4時よりスタート!

PlayStation-PS4

よりパワフルなPS4、コードネームNeo

既にSony Interactive EntertainmentのCEOであるAndrew House氏が明かしていますが、Neoはより高速なプロセッサ、グラッフィク周りのパフォーマンス向上、そして4K画質への対応を予定しているとのこと。

とは言うものの、プラットフォームはPS4なので既存のPS4タイトルや今後発売を予定しているタイトルを安心してプレイすることができます。Andrew氏曰く、今後標準のPS4と合わせて並行して販売を行っていくとのこと。

LB_5903

Neoの位置付けとしては、ハイエンド機種としてアーリーアダプター向けや画質に拘るユーザー向け、また仮想現実であるVRユーザー向けとしています。ネイティブで4K画質をサポートすることで、4K対応のテレビ上で高画質なゲームプレイを楽しめたり、PlayStation VRのヘッドセットを利用する際に必要となる高速なグラフィックパフォーマンスを提供し、標準PS4と比較してよりスムースでより高画質なグラフィックを体験できることになります。日本でも予約販売が即日で完売するなど大人気を誇るPlayStation VRですが、発売は10月中旬を予定しており、サポートは現行モデルであるPS4に対応しています。今回のハイエンド機とされるNeoの発売時期に関しては全く未定ですが、想定としては想定としてはPlayStation VRの発売後のタイミング、2017年辺りになるのではと見られています。

よりスリムな薄型PS4

通例通り、現行モデルであるPS4をよりスリム化した薄型PS4の発売が予想されています。既にパッケージの写真や薄型PS4と思われるゲーム機を起動する様子までYouTubeにアップロードされたことで話題になりましたが、今回のイベントにてこのコンソールの発表が行われると見て間違いなさそうです。

PS4SlimEurogamer.0

既にリークされている写真などを見ると、デザイン以外に関して現行モデルとそれほど大きな変更点はないとされています。また、大きさに関しては現行モデルとほぼ同等である可能性が非常に高く、既にPS4を持っているユーザーがこちらにアップグレードするメリットはなさそうです。

DualShock 4のアップグレード

薄型PS4に付属するコントローラも合わせてリークしており、現行のコントローラと比較して若干の変更が行われるようです。コントローラの正面に位置するライトバーですが、今回の変更にて、プレイヤー側からも色の確認ができるようになるとのことで、例えばグランド・セフト・オート5の様に警察に見つかった場合に正面のライトバーをいちいちコントローラをひっくり返して確認する必要がなくなります。

71lYquPgK6L._SL1500_

また、変更点で期待されているのはコントローラー接続の距離が長くなることや感度が高くなることですが、デザイン的には現行のものと変わりがなさそうです。

IMG_5054

PlayStation Meetnigですが、こちらのPlayStation公式サイトにてライブ放送が行われる予定です。時間はアメリカ東部標準時で9月7日午後3時から、日本時間で翌日深夜4時スタートとなっています。当日深夜2時からはiPhone 7シリーズや有機ELディスプレイがキーボードパネルに加わるとされる新しいMacBook Proの発表などが行われるであろうAppleのスペシャルイベントがサンフランシスコにて行われる予定です。新製品発表で盛り沢山な当日、早めの仮眠をとってしっかりと夜更かしをすることにしましょう!

発信元:The Verge

予約注文はこちらから

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で