Microsoftがニューヨークで開催されたプレス向けイベントにて新しく発表したSurfaceブランドのデバイス、Surface Laptopは13.5インチのラップトップでwindows 10 Sを搭載しています!最上位モデルはCore i7プロセッサに16GB RAM、256GB SSDストレージと高スペックです。

SL_Overview_1_HeroFullBleed_1_V2

Surface Laptopの動画はこちらから

スクリーンですが、タッチスクリーンベースの13.5インチのディスプレイは3:2比率で、340万ピクセルで構成され、他のSurfaceデバイスと同様、Surface Penに対応しています。

Surface_dl_Overview_6_FeaturePanel_leftalign_Burgundy_V2

パフォーマンスはIntelの最新チップセットであるCore i5やi7プロセッサを搭載し、バッテリーも最高で14.5時間もの連続稼働が可能とのこと。また、Microsoftによれば、Surface LaptopはCore i7プロセッサのMacbook Proよりも高速で、MacBook Airよりもバッテリー時間が持続するとしています。

SL_Overview_1_Feature_V2_tab_en-us

カラー展開は魅力的な4色!

Surface Laptopですが、カラーはワイン色のバーガンディー、グレーのプラチナム、コバルトブルー、そしてグラファイトゴールドの4色です。

既にアメリカでは予約注文を受け付けており、Core i5プロセッサに4GB、128GB SSDストレージの選択で999ドルと日本円で約112,000円となっており、出荷は6月15日からとなっています。

SL_Overview_1_HeroFullBleed_4_V2

他にもCore i5プロセッサで8GBのメモリ、256GB SSDストレージの選択では1,299ドル、またCore i7プロセッサの場合は8GBのメモリ、256GB SSDストレージの選択で1,599ドル、Core i7プロセッサで16GBのメモリ、512GB SSDストレージの選択では2,199ドルという価格設定です。

日本での発表はまだ未定ですが、これはかなり期待できそうですね!

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で