2017年3月3日に発売が予定されているNintendo Switchですが、既に開始された1月21日からの予約は家電量販店やマイニンテンドーストア等で予約が殺到して予約そびれた人も多いはず。気になるNintendo Switchのスペックやサービスですが、動画ストリーミングサービスのNetflixやHuluといったサービスは、発売時は非対応で今後のアップデートにてのサポートを予定している様です。

DSC00446.0

動画ストリーミングサービスは、将来的なアップグレードにて対応か?

今回テレビゲームを扱うブログサイトであるKotakuにて、Nintendo Switchに関する質問に回答された内容が話題を呼んでいます。大まかには下記の通りです:

  • Nintendo Switchは、発売日時にはNetflixやHuluといった動画ストリーミングサービスアプリには非対応。現在はビデオゲームコンソール機としての商品作りにリソースを最大限に割いており、将来的には動画ストリーミング等のサポートも検討したい。
  • Nintendo Switchは、現時点ではWiiやWii Uのコントローラとの互換性がないものの、将来的なアップグレード機能として検討している。
  • Miiverseソーシャルネットワークはなくなったものの、Miiは依然健全で、Nintendo SwitchでもMiiメーカーツールがシステム設定内にあるとのこと。これで、アバターを作ったりすることができる様になるらしいです。
  • Nintendo Switchでは、合計8個のユーザーアカウントを作成可能で、設定している国に応じてeShopが切り替わったり、Nintendo Switchの大きな特徴の一つである「リージョンフリー」がデジタルコンテンツに対しても当てはまるかもしれない。

現時点では、Nintendo Switchが既存のニンテンドーアカウントと連携したり、アチーブメントの仕組みやVirtual Consoleの購入履歴を移行できるのか、などと色々な質問が出てきますが、今の所は任天堂からの今後のアナウンスメントに期待しましょう。

移動時に気軽に持ち運びできることが一つの特徴でもあるNintendo Switchですが、移動時にネットに接続する用途で、スマホのテザリングやモバイルルーター、さらにはWi-Fiスポットの需要が高くなりそうですね!

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で