任天堂が、17年3月期決算を発表、注目のNintendo Switchの販売状況などが明らかになりました。3月3日より主要各国にて発売開始となったNintendo Switch、3月末の時点で274万台を販売に加え、何と2018年3月までに累計1300万台の販売台数を予想!間もなく発売されるマリオカート8 デラックスなど、今後も目が離せません!

jbareham_1492_170228_0173.0.0

ローンチ月である3月の販売台数ですが、主要各国での熱狂的なユーザーニーズに対してなかなか供給が追いつかないということもあるため、数値的に良い判断材料とはなりませんが、追加のロットを追加している中でも依然量販店などで在庫切れが続いていることもあり、任天堂としてはスタートはとても好調で、来期である2018年3月までにさらに1000万台、累計として1300万台を販売計画として掲げました。因みにWii Uですが、2016年4月〜2017年3月の1年間での販売台数は76万台に留まりました。

任天堂の決算発表ですが、2017年3月期通期の売上額は4890億円、また営業利益は293億円。18年3月期の売上高予想ですが、7500億円としています。

全世界で熱狂的なファンを生み出したポケモンGOに加えて、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの発売台数も276万本と絶好調な任天堂。4月28日に控えたマリオカート8 デラックスの発売も控え、ますます目が離せません!

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で