Windows 8以降に無償で付属している、マルウェア対策アプリの「Windows Defender」ですが、今回MicrosoftがChromeブラウザー向けに拡張機能の提供をスタートしました!これでWindowsだけでなく、Mac上でのブラウジング環境もより安全になりそうです。

主な機能としては、悪意のある可能性が高いサイトの閲覧やダウンロードがブロックされるというもので、最近騒がれているフィッシングメールなどを経由して、パソコン上のマルウェアの起動を防ぐ、といったものです。

Chromeの開発・提供元であるGoogleは、既に同社の中で悪意のある可能性が高いサイトなどのリストを監視し、疑いのあるサイトの閲覧の際にブラウザー上で警告を出すようになっています。Microsoftによれば、同社の提供している「Windows Defender」の性能は非常に強力で、99%のフィッシングを取り除くのに対して、Firefoxブラウザーでは70〜87%に留まるとしています。

最近仮想通貨を取り扱う「Coincheck・コインチェック」へのハッキングも、社員あてに送られたフィッシングメール経由でマルウェアに感染したことが原因であると報道されている通り、Chromeブラウザーをメインで使っているユーザーであれば、この辺りの自己防衛のソリューションは入れておいて損はないと思われます。インストールはこちらのリンクよりダウンロード可能です。是非お試し下さい!

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で