MacBook Proの新モデルはより薄く、有機ELディスプレイをキーボードの一部としての採用やTouch ID搭載予定!今年の第4四半期には登場か?!

Apple関連のアナリストでお馴染みのKGI証券Ming-Chi-Kuo氏ですが、彼を含めた複数の情報筋によれば、Appleのラップトップの最上位ラインアップであるMacBook Proの新モデルが、今年2016年第4四半期を目標としてリリースが予定されており、メモによれば新しい12インチMacBookの様に、より薄くより軽いデザインを採用し、Touch IDの搭載に加えて、なんと有機ELディスプレイがキーボードの一部として採用されるとのこと!
macbook-pro-retina-mf840lla

有機ELディスプレイがキーボードにも?!

Kuo氏のレポートによれば、このMacBook Proの新モデルはAppleにとって2016年の中で大きな輝かしい発表となるだろうとしており、ラインアップとして13インチと15インチが用意されるとしています。

この有機ELディスプレイですが、タッチバーとして横長にレイアウトされることを想定しており、ちょうど現在物理的なキーボードとして配置されている最上位のファンクションキーの位置がこのタッチバーに置き換わるようなイメージとのこと。加えて、USB-CサポートやThunderbolt 3対応が予定されています。

さらにKuo氏によれば、現行の新しい12インチMacBookに加えて、13インチモデルも加わることや、MacBook Airモデルはエントリーモデルとしての位置付けとなり、MacBookシリーズがミドルレンジ、そしてMacBook Proシリーズがハイエンドモデルという形になるようです。

teenage-group

既にニュースとして取り上げられているとおり、Appleは手元のiPhoneのTouch ID機能を利用して、MacBookのロック解除を行うような仕組みを検討していますが、今回のニュースによればMacBook自身にTouch IDセンサーを搭載させる可能性もありそうです。今年の6月13日~17日米国サンフランシスコにて開催される予定のWWDCでは、コードネームが「Fuji」と呼ばれているOS X 10.12にてSiriとの連携が発表される予定ですが、このMacBook Proに関する発表も行われるか、とても気になります。

それにしても、有機ELディスプレイがキーボード側にも搭載されるということですが、今画面の明るさや音楽再生のコントロール、そして音量調整などがこのファンクションキーで行えるようになっている部分がディスプレイになることで、起動しているアプリの切り替えやラウンチャーアイコン、そしてメッセージやメール、カレンダーなどの通知情報なども表示されるようになると便利そうですね!

発信元:9To5Mac

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

次期iPhone 8のTouch ID、今度は側面の電源ボタンへ移行?... 次期iPhone 8の発表まであと数ヶ月といったところですが、ここにきてiPhone 8のレンダリングがケース製造メーカーからリーク、現行モデルとは異なる大きな電源ボタンやロックボタン、縦に並んだデュアルカメラレンズ、そして長く噂されていた背面パネルからTouch IDが消えています!...
次期iPhone 8と思われるデバイスのリーク写真が公開に!前面パネルはボタンが一切ない液晶ディスプ... 今年の9月に発売が予定されている次期iPhone 8ですが、発表のタイミングが近づくにつれ色々とリーク情報などが溢れていますが、今回次期モデルと思われる前面及び背面のリーク写真が公開されました!ホームボタンが排除された前面パネルは一面液晶パネルで期待が高まります!...
次期iPhone 8に加え、iPhone 7s/7s Plusの金型写真がリーク!... 今年の秋に発売が予定されている新型iPhoneシリーズのiPhone 8、並びにiPhone 7s/7s Plusですが、今回3つのモデルの金型と思われる写真がリークし、各々の大きさなどがより詳細に比較できるようになっています!...
次期iPhone 8のモーションセンサー、サプライヤーとして独ボッシュ社が加わるとのこと!... 今年の後半に予定されている新型iPhone 8関連のリーク情報や噂が絶えませんが、ここにきて、ドイツに本拠地を持つボッシュ社が新型iPhone 8向けのモーションセンサーのサプライヤーとなることが決定したようです!...
Apple、新しい9.7インチiPadを発表!価格は4万円を切り、iPad Air 2がリタイヤに... 先ほどAppleが9.7インチのiPadを発表しました!今までのiPad Air 2が廃止となり、今回iPad Proシリーズとは異なるラインアップでの発表となっています。カラーバリエーションは3色で、Wi-FiモデルとWi-Fi + セルラーモデル、各々に32GBまたは128GBの容量サイズが用意...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で