世界規模でランサムウェアの被害が拡大中!Windowsユーザーは今すぐWindows Updateの確認を

サイバーセキュリティのAvastの報告によれば、今回のランサムウェアの被害は全世界に及び、99ヶ国にて7万5千以上の被害が出ているようです。主な被害エリアとしては、ロシア、ウクライナ、台湾、そしてヨーロッパが標的となっているようです!

security_01-lock

既にスペインの携帯通信事業者であるTelefoniaやイギリスの病院などが被害にあっているようで、イギリスの国民保健サービス(NHS)の少なくとも16もの箇所のITシステムに影響が出ており、中には患者の健康をモニタする機器なども関連しているとの事。

wcry-map-1756x877

今回のランサムウェアはWanaCryptOR、またはWCryという名前でWindows Server Message Blockプロトコルを悪用した形でパソコンなどに入り込む。一度感染してしまうと、下のような画面が表示され、自分のマシンがランサムウェアによって暗号化された事、また3日以内に身代金となる300ドル〜600ドル相当のビットコインを指定の口座に払い込むようにという指示を受けます。

wana_decrypt0r_2-0-720x720

暗号化されてしまったファイルですが、拡張子が「.WNCRY」に変更され、「WANACRY!」というマーカーが各々のファイルに追加されるようです。加えて、下記のようなテキストファイルがランダムに保存されるよう。

please_read_me_-txt_-_notepad-720x720

今回のランサムウェアですが、Microsoftが2017年3月に公開したパッチにて問題となるプロトコルの修正(MS17-010)がなされているようなので、最近Windows Updateをおろそかにしていた方は今すぐアップデートを強くお勧めします。

Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム (4013389)

また、常時バックアップ作業を行い、必要なファイルなどは万が一の時にも取り出せるようにしておきましょう。

発信元:Digital Trend

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

世界規模で感染しているランサムウェア「WannaCry」、被害は150カ国にも及んでいるとの事!... 5月12日に発見されて以降、世界中で脅威を振るうランサムウェアの「WannaCry」、ヨーロッパの機関によると既に約150カ国に被害が及び、約1万の会社・組織や20万人以上のユーザーが感染しているという事です!...
話題のランサムウェア「WannaCry」、MicrosoftがWindows XP向けに異例のパッチ... 世界中で猛威を振るっている今回のランサムウェア「WannaCry」ですが、今回マイクロソフトが既に2014年4月にサポートが終了しているWindows XP向けに異例のパッチを公開しています!サイバーセキュリティのAvastの報告によれば、今回のランサムウェアの被害は全世界に及び、99ヶ国にて7万5...
Xbox Play Anywhere、いよいよ9月13日よりスタートか?!どちらかで買ったゲームをど... 先日のE3にてMicrosoftが発表した「Xbox Play Anywhere」。Xbox OneかWindows 10のどちらかでゲームソフトを購入すれば、クロスプラットフォームでのプレイを可能とするサービス、このローンチ日が9月13日に確定したようです!Xbox One Sの発売が開始されたこ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で