up24-header

 

先日、日本にてUP24の発売が開始されました。アメリカでは既に2013年11月から販売されていたこともあり、UPユーザーにとっては待ちに待ったリリースということになります。

P4292656.JPG

 

UPからの大きな変更点

今回の新しいモデルでは、下記の部分に変更が加えられました。

  1. Bluetooth LE搭載 thumbs-upthumbs-upthumbs-up
  2. イヤーフォンジャックのサイズ変更。ミニプラグが2.5mmに。

前のモデルからのユーザーにとっては、この1番のBluetooth搭載が待ちに待った対応、ということになるのではないでしょうか?

今までのモデルでは、バンドとスマホとの同期は、通常の3.5mmイヤーフォンジャックに差し込んで同期を取るという、少しアナログな形で実現していましたが、今度のモデルからはBluetooth v4.0/LEに対応し、ワイヤレス接続ができるようになりました。因みに、Bluetooth LEとは、小電力で動作する無線通信規格のBluetooth Low Energyになります。を搭載していることで、リアルタイムにスマホからUPバンドをモニタリングすることができるようになっています。

以前のモデルでは、スマホと同期している最中、自動的にボリューム音量がマックスになることもあり、その後イヤーフォンを差し替えて音楽を再生しようとしたところ、最大音量で思わずびっくりしてしまうことが多々ありましたが、今度からはそんな心配も全くありません!

なお、充電は前のモデルと同じミニプラグ経由(UP24では2.5mmと小さくなった)で行われます。
P4022550.JPG

 

UPアプリも大幅にアップデート

それに合わせて、UPアプリもV3.0になり、多くの機能が追加されました。その一例ですが、

      • スリープ・リカバリー:寝る時にバンドをスリープモードに切り替え忘れても、心配いりません。しっかりとその間睡眠の質を記録してくれているので、朝起きたらアプリでそれを登録するだけです。
      • リマインダー
      • アクティビティアラート
 Photo 2014-04-30 13 05 24
リマインダーは、「薬を飲む」や「植物の水やり」など定期的に決まった時間に合わせてバンドがリマインドしてくれます。自分の場合は、お昼の12時と夕方の6時に設定して時計代わりに使っています。資料作り等に没頭している時など、バンドが振動して「あ、もう夕方6時かあ!」なんてことがよくあります。
Photo 2014-04-30 13 05 46
アクティビティ・アラートは一日のまとめを自分のパーソナライズした形で通知を受け取ることができます。

 

装着感

実際にはめてみると、同じサイズなのですが筆者の場合UP24の方が若干緩く感じました。若干UP24の方が装着感は前のUPと比べて少しゆとりがある感じがします。そのためか、睡眠中に装着していると、スマートスリープに気が付かない事があったりしました。

P4022542.JPG

P4302666.JPG P4302667.JPG
前のモデルは23g、UP24は22gでした。この1gですが、装着して比べてみるとはっきりと分かります。

 

その他、気をつける点

バッテリーの持ち時間がUP 10日間に比べて、UP24は7日間と短くなっています。とはいうものの、バッテリーが少なくなってきた場合は、アプリ側でしっかりとリマインドしてくれるので、「あれ?いつの間にかUPの電池なくなってる?」というシチュエーションになることはほぼないと思います。

 

編集部の感想

  • Bluetoothに対応したことで、いつでも簡単にアプリと同期が取れてベリグッド!
  • 友達やサークル仲間と一緒にUPチームを組んで色々とシェアできたら面白そう。
  • インテリジェントアラートとか、他のアプリと連携して「これから雷雨が来ます」とか、電話が鳴っている時に「着信中です」とかできるといいなあ。
  • このまま脈拍や体温測定とかできたらもっと便利になるかも?「ちょっと体温が上がってきています、風邪の兆候があるのでビタミンをたくさん摂って睡眠時間をより割くように心がけましょう」とか通知で言われたら、ちょっと近未来な感じ!

などでした。今回ご紹介したUP24 by Jawboneは、当サイト編集部が前のモデルを使っているユーザーには買い替えとして、ウェアブルを検討されている方は是非にと「RECOMMENDED BUY!!」としてお勧めする逸品です。皆さんも是非お試しください!

 

購入はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で