新型iPhoneのラインアップに新色追加?ゴールド、レッド、ブルー、そしてオレンジという新しいカラバリか

発表まで着々と近づいてきた今年の新型iPhoneですが、先日の新型A12チップセットと思われるベンチマークが公開されたりと毎日話題が絶えない中、今回新たにカラバリが明らかになり、新色となるゴールドやレッド、ブルー、そしてオレンジが追加されるようです。現行モデルと比較して約10%のプロセッサ周りの高速化に加え、デュアルSIM・デュアルスタンバイのDSDSも標準搭載となるようで、今から楽しみですね。

現行のiPhone Xモデルでは、スペースグレー、及びシルバーの2色展開となっていますが、今回Appleの情報に精通する著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、3つのプロダクトラインアップのうち、2つに新色が追加されるだろうとしています。彼の予想としては、6.5インチのOLEDを採用するiPhone X Plusとされるモデルでは、デュアルSIM・デュアルスタンバイのDSDSに加えて、カラバリがスペースグレー、ホワイト、そしてゴールドの3色になり、現行モデルのiPhone Xの廉価版とされる6.1インチLCDを採用するモデルでは、Face IDの搭載、価格帯が700ドルを下回り、5色展開であるグレー、ホワイト、ブルー、レッド、そしてオレンジを予定しているとのことです。なお、この廉価版モデルでは、iPhone 8/8 Plusの人気を上回る出荷台数を想定しているとのこと。

既に去年の時点でiPhone Xの新色となるゴールドの写真がリークした事も記憶に新しい中、量産体制でなかなか求められる品質をクリアできずにいたとされています。

鮮やかなカラー展開に関しては、以前iPhone 5cにてパステルカラー調となるブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトをリリースした経緯があります。なお、レッドに関しては、Appleが既にHIV/AIDS支援プログラムとして展開している(PRODUCT) REDのカラバリを想像できます。

新型iPhone Xモデルとは?

新型iPhoneですが、ハイエンドモデルではアップグレードとなるA12プロセッサ、より高速なLTE通信速度、TrueDepthカメラシステム、より細くなったベゼル、そしてホームボタンの廃止、代わりにFaceIDの採用が予想されています。5.8インチのOLEDを採用したモデルは、現行のiPhone Xと似たデザインとなり、6.5インチのOLEDを採用するモデルはiPhone X Plusという位置付け、さらに低価格版モデルの6.1インチLCDモデル、の3つのラインアップとなる予定です。

5.8インチ、及び6.5インチのラインアップでデュアルSIM・デュアルスタンバイのDSDS仕様となる他、6.1インチの低価格モデルでは、5色展開であるグレー、ホワイト、ブルー、レッド、そしてオレンジを予定しているとも言われています。

予想されている価格帯ですが、6.1インチモデルは600〜699ドル、5.8インチOLEDモデルは800〜899ドル、そして6.5インチOLEDモデルは900〜999ドルとなる見込みです。

発信元:MacRumors

関連お勧め記事

新型iPhoneシリーズのバッテリー交換料金、またディスプレイ破損時の修理料金が明らかに!... 今回発表された一連の新型iPhoneシリーズである、iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRですが、このタイミングでiPhoneのバッテリー交換サービスの料金、及び画面破損時のディスプレイ交換料金が公開になっています。...
新型iPhone Xの名称、iPhone XSで確定か?!2タイプのデザイン、新色ゴールドカラーも... プレス向けに案内が送られた9月12日のAppleの新製品発表会ですが、9to5Macが独自に新型iPhone Xシリーズのリーク画像を入手したとのこと!名称はiPhone XSとなり、5.8インチOLEDモデルと6.5インチOLEDモデルがそれに当たるようです。...
新型iPhone X、Apple Pencilは非サポートへ。また6.1インチモデルは若干遅れる見込... 発表まであとわずかとされる新型iPhone Xシリーズですが、話題になっていたApple Pencilのサポートは行われない、とのこと。また、新型iPhone Xシリーズの発表は9月9日の週に行われ、発売開始は9月21日になる模様!2つのOLEDモデルのプロセッサはA12チップになる予定で、大幅なパ...
新型iPhoneのベンチマークが公開に、現行モデルと比較して10%のパフォーマンス向上か?... 今年の新型iPhoneで搭載が噂されている最新のプロセッサですが、今回そのベンチマークと思われる結果が公開されており、現行モデルと比較して10%高速になっているとのこと!加えて、GPU周りのパフォーマンス向上も期待ができそうです。...
13インチRetinaディスプレイ搭載の新型MacBook Air、当初よりローンチがずれ込む見通し... 長らく噂され続けている、13インチのRetinaディスプレイ搭載の新型MacBook Airですが、ここにきて予想されていたWWDCのタイミングより少し先となる、第3四半期にずれ込むのでは、とされています。最新のIntel ノートブック Processorを搭載されるこのモデル、買い替えを控えていた...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で