今まで世界中で出荷されてきたスマホの中で、史上最高とも名高いiPhone 6s、及びiPhone 6s PlusがAppleより発表されました。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

背面カメラ iSightは何と1200万画素へ!

背面カメラですが、今までの800万画素から大幅なバージョンアップとなる1200万画素へ向上しており、また高品位なハイレゾ映像が4Kに対応(3,840×2,160ピクセル、ピクセル数は800万以上)、今までとはレベルが一つも二つも違う写真が簡単に撮れるようになります。

実際にiPhone 6sで撮影された一連の写真ですが、これらは全てありのままで、何も加工されていない状態とのこと。まずはアイスランドで撮影された写真、モデルの肌のトーンや色合いなどは実物そのものですね。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

続いて、マンハッタン上空から撮影されたもの。ディテールが本当に細かいところまで伝わってきます。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

ニューヨークのフェリーの室内で撮影されたもの。今回のiSightカメラのバージョンアップに際して、自然光と人口光が交差する環境下でどれだけリアリティを表現できるか、とても大きな課題だったようですが、iPhone 6sでは見事にその様子が再現できていると言えます。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

加えて、ほぼ光がない状態の中、中国で撮影された写真。これだけの表現がiPhone 6sでレタッチなしで実現可能というのは驚きです。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

 

Live Photosとは?

今までと同じように写真を撮ると、その前後の写真も同時に保存され、加えて音声も加わることで、今までの静止画とは異なり、その場の臨場感を伝えるような、生き生きとした写真を保存できるようになります。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

プロセッサも史上最高速へ進化!

プロセッサも第三世代64ビットチップとなるA9は、以前のA8と比較してCPU性能が70%、GPU性能が何と90%も上回るという非常に高いパフォーマンスを叩き出しています。加えて、通信周りのテクノロジーも向上し、今まで以上にないコンテンツブラウジング、ダウンロード、そしてストリーミングをWi-Fi、またLTE環境で堪能できるようになるとのこと。

全く新しい3D Touchとは?

今までのタップに加えて、今回新しいジェスチャーとしてPeekとPop™が追加され、軽く押すとPeekが起動し、気になるメールやメッセージ、写真などをライトボックス的にダイアログとして見ることができ、Popで強く押し込むことでそのコンテキストをフル画面で表示するというものです。これにより、今まではリスト表示とメール表示の行ったり来たりを繰り返していたような動作がPeekの一つで済んでしまいますね。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

このジェスチャーはアプリのローンチにも採用されており、電話のアイコンをPeekするとよくコンタクトを取る人たちのリストがポップアップで表示されたり、カメラボタンをPeekすると直ぐに自撮りメニューにアクセスできたりなど、といった形です。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

PIXEL TOYS社(サイトはこちら)が提供するFREEBLADEのデモが行われ、実際に今回の新しい3D Touchを利用して今までのゲームプレイがどのようにインタラクティブになったのかを実演していました。このゲームでは、今までのタップに加え、Peekへ対応することで武器の切り替えを行ったり、ぼかし効果が追加されたりなどしています。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

 

iPhone Upgrade Programも提供開始

毎月32ドル〜を支払うことで、毎年iPhone新機種への変更ができ、キャリアも自由に変更可能、提供されるのはSIMフリー版、オマケにAppleCare+という、何とも贅沢なプログラムが米国内ストア向けに提供開始されるようです。これ、是非日本でも提供されないですかね?!?

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

iCloudストレージも価格改正!

9月16日より提供が予定されているiOS 9ですが、今回それに伴い写真やメール、アドレス帳といったデータのバックアップができるiCloudストレージですが、フリーで提供される5GB以上の容量の価格が改定され、50GBは0.99ドル、200GBで2.99ドル、そして1TBで9.99ドルと原稿の価格帯と比較して約半額近い形となっています。

apple announced iPhone 6s plus 12m pixel isight camera 3d touch

気になるお値段は?

気になるお値段ですが、アメリカ国内の2年契約の場合、iPhone 6s 16GBモデルが199ドル、 64GBモデルが299ドル、そして128GBモデルが399ドルとなっています。また、iPhone 6s Plusですが、16GBモデルが299ドル、 64GBモデルが399ドル、そして128GBモデルが499ドルというプライシングで、丁度1年前にAppleが現行モデルであるiPhone 6、並びにiPhone 6 Plusを発表した時と同じ価格ということです。

カラー展開ですが、現行モデルでもあるゴールド、シルバー、スペースグレイに加え、今回新色となるローズゴールドによる4色となりました。

日本では、9月12日(土)午後4時01分より予約注文が開始され、25日(金)より発売が開始される予定です。現時点では、まだ価格やプランなどは未定のようですね、今から頻繁にキャリアのニュースをチェックしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で