当初予定していたヘルス関連センサーがApple Watchで搭載されない可能性あり?

去年9月のスペシャルイベントにて発表された、Apple Watch。Appleが投入する初のスマートウォッチ製品で、非常にたくさんのセンサー機能を搭載し、iPhone/iPadとデータ同期でアクティビティやヘルス関連の分野での様々な活用が期待されていた中、ここにきてちょっと雲行きが変わってくるニュースが出てきました。

applewatch

 

当初予定されていたセンサーとは?

当初Apple Watchにはヘルスやフィットネス系のデータを計測できるセンサーが、10〜15個とされていましたが、The Wall Street Journalによるとセンサーから蓄積されるデータの整合性が非常に課題となり、搭載が見送られる可能性が高くなっているとのことです。

4年にも渡りApple Watchの開発が進められてきていますが、採用するテクノロジーや製品開発の方針が何度も変更を余儀なくされ、このプロジェクト自体が社内で膨大なリソースを必要とするものの一つになってきていると述べています。

当初は、発汗による抵抗の逆数の増加を測定する「皮膚コンダクタンス」センサー(一般的には、うそ発見器などに使用されています)の搭載に向けて研究が進められ、その後心電図に似た心拍センサーや肌の状態を感知するセンサーを搭載し、ユーザーのストレスレベルなどを分析することや、血圧や血液の酸素レベルを検知することを視野に入れて開発が進んできました。

 

先ほどの「皮膚コンダクタンス」に関しては、ユーザーの肌のコンディション(ヘアリーだったり、クリーンではなかったり)によって得られるデータの整合性にばらつきがあり、加えてApple Watchをどれだけきつく装着するかで結果もかなり違ってくるとのことです。さらに、健康に関連したアドバイスを行うに際して、U.S. Food and Drug Administrationやその他政府機関の承認を得る必要も出てきます。

WSJとしては、最初のモデルではこれらのヘルス関連のセンサーが非搭載となる可能性がかなり高く、次世代モデルにて採用されるのでは、としています。

先日の関連記事(こちら)で、今年4月のローンチが確定していることから、今回の件でガッカリするユーザーも出てきそうです。いずれにしても、業界だけではなくコンシューマーも注目しているこのApple Watch、これから話題が増えそうですね!

発信元:MacRumors

 

関連お勧めアイテム

[amazonjs asin=”B00JA6YORA” locale=”JP” title=”Jawbone UP24 by JAWBONE JP ライフログ リストバンド 活動量計 ( アプリ連動 / Bluetooth 同期 / オニキス / サイズ M ) JL01-52M-JP”]

[amazonjs asin=”B00PIHWXPK” locale=”JP” title=”【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+睡眠計リストバンド FLEX Navy FB401NV-JPN”]

関連記事:  【噂】iPhone6 5.5インチの発売は計画的に遅らせる?!4.7インチモデルの数か月後という説が浮上

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で