最新のApple製品を始め、数々の最新のガジェットを「解剖」することで知られている、iFixitですが、今回はiPad Pro専用としてAppleがリリースした、Apple Pencilを解剖しています。

ドキドキするApple Pencilの解剖写真!

タイムラグが実質ゼロだったり、繊細な圧力センサーが魅力の純正Apple Pencilですが、今回iFixitがその中身を解剖しています。

 

UdDa36X2dtURsIfE.medium

付属品として、Lightningケーブル用のコネクターが入っており、Lightningケーブル経由での充電も可能になっています。

LIokippYmSsRTZ1x.medium

Apple Pencilの先端はプラスチックの別パーツからなっており、この部分は別途取り替えが可能になっています。

AYpO3JDGZSsZsURA.medium

本体自体は特につなぎ合せなどが見当たらないため、グラインダーで一挙にカッティング!

rTRrYJg4uknvQKUx.medium

中を開けるとこんな金属製の本体パーツが出てきました。

LbUxGWkVsdoUeyN3.medium

バッテリー容量は0.329Whのリチウムイオン電池

さらにこの金属部分を半分にカッティングすると、バッテリーや通信モジュールと思われるコンポーネントが出現です。バッテリーですが、3.82V、0.329Whのリチウムイオン電池と記載されています。容量としてはiPhone 6sの約5%に当たるイメージです。

CBJPRulXiiJOEoOB.medium

金属ケースを取り除くと、通信モジュールとアンテナが出てきました。

F4rh2GDEklUkG4GY.medium

この約1gのロジックボードですが、iFixitとしては今まで見た事がないサイズ感のようです。詳しくチップを調べていくと、下記のようなチップが使用されています。

  • ST Microelectronics STML151UCY6 Ultra-low-power 32-bit RISC ARM-based Cortex-M3 MCU
  • ST Microelectronics AS5C Y533 (also found in the 2015 Apple TV)
  • L05286 QS4 VG Z SGP 528
  • EWX 01129
  • Cambridge Silicon Radio (Qualcomm) CSR1012A05 Bluetooth Smart IC
関連記事:  iPhone6、いよいよ大量生産開始?!4.7インチモデルは今月から製造スタート、で気になる5.5インチは?

5ibhjx6plRvgpqfU.medium

iFixitのまとめとしては、ペン部分の先端のプラスチック、及びキャップはリプレース可能であること、Apple Pencil自体のデザインとしてはカッティングする以外に中身を開けることができなかったこと、また12時間の使用を実現しているリチウムイオン電池の交換は不可能、という見解です。

4qFI2FOIPtUKyCWY.medium

iFixitが定める、修理のしやすさを数値化した「リペイアラビリティスコア」ですが、最低ランクとなる「1」をマークしています。

3CKETqCTSmIFLCTL.medium

Apple Pencilの解剖の様子はこちらから!

今から注文しても遅くとも4〜5週間待ちとなっているApple Pencil。iPad Proを購入したユーザーであればマストバイな一品ですが、一見普通のシャープペンとも思える様なこの小さなボディーの中に沢山のテクノロジーが詰まった最新のスタイラス、是非一本購入して筆箱にひっそりと入れておきたいものです!

発信元:iFixit

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で